campaign

夕食前のお腹減った!は保育園の手作りおやつメニューを参考に

Fotolia_71863574_Subscription_Monthly_M.jpg

それぞれの家庭環境によって、夕食をとる時間こそ違っても、夕食の準備をしている時間の「お腹減った〜」「何か食べたい〜」という子どものコールは多くの家庭で見られる光景じゃないでしょうか?
夕飯まで我慢をしてもらうことも大切だと思いますが、まだ我慢ができない年齢のお子さんだと難しい場合もありますね。そんなときに参考になるのが保育園で提供されるおやつです。

シンプルで美味しいメニューが豊富

子どもが通っている保育園のおやつには「かぼちゃ蒸しパン」「ツナピザ」「じゃがいもおやき」といった少し手が込んだものから、「きなこバナナ」「一口しらすおにぎり」「フルーツヨーグルト」など、素朴で簡単に作ることができそうなものまで、様々なメニューがありました!
中でも筆者のおすすめは、かけたりまぶしたりするだけで美味しい、きなこを使ったメニューです。上記のきなこバナナも、バナナの上からきなこをかけるだけの、バナナの甘みときなこの風味を活かしたシンプルなおやつです。
「きなこマカロニ」も多くの保育園で提供される大人気の定番メニューです。茹でて冷ましたマカロニにきなこと砂糖をお好み量かけるだけ。砂糖なしでも美味しく食べられます。一口おにぎりにきなこをまぶして食べるのも美味しいですよ。

量は少なめで丁度いいかも

お腹いっぱいで肝心の夕食が食べられないという状況にならないよう、量のさじ加減も大切です。普段どのくらいの量を子どもが食べているかを頭に入れておきましょう。子どもの気持ちと小腹をちょっと満たすだけでいいので、少ないかな?と思うくらいの量で丁度いいと思いますよ。
そして万が一、夕食前のおやつで満足してしまい夕食が食べられないという状況になった場合でも栄養面での心配が少しでも減るように、食事の内容に近いおやつメニューにしておくのがおすすめです♪
白飯、パン、マカロニを使ったものや、砂糖をあまり使っていないおやつであれば、ママの罪悪感も減りますよね!

本来は夕食まで我慢してもいい時間のおやつなので、手間をかけずに作れるものがいいですね。
お子さんが保育園に通っていない場合は、インターネットで「保育園 手作り おやつ」といったキーワードで検索するといろいろレシピが出てくるので、ぜひ一度調べてみてくださいね♪

転載元:夕食前のお腹減った!は保育園の手作りおやつメニューを参考に(by マムメモ)

関連リンク

お家でカフェの味が楽しめる♬「みのりとみのる」米粉パンケーキミックスでいろいろ作ってみた!
フードコーディネーター愛用のおもてなしに使いたい魔法アイテム
みんなで食べたら美味しいよ♪こども食堂で楽しい夕飯