child

水遊びは楽しいだけじゃもったいない!ママの少しの意識で、かわいい我が子を伸ばす!

pixta_3052512_M
水遊びが楽しい夏も、もう後半!
毎日水遊びばっかり~なんてお家もあると思います。それくらい、子どもは水遊びが大好き!
実は水遊びは、子供の感性や想像力を磨きつつ、親子の絆もグッと深まる、最高の遊びなんです。
ただ楽しむだけじゃもったいなく、ママの少しの意識でかわいい我が子の成長を伸ばしてあげましょう!

子どもの遊びのなかで最初のベースになるものとして『感覚遊び』というのがあります。
視覚や聴覚、感覚などの五感を通して接していくなかで、脳に刺激を与えながら、様々な物事に対する認識を深めていきます。
そんな中で水は、子どもの感覚を磨いてくれる“万能素材”なんです!

水遊びは「気持ちいい!」が大切!

夏になって、ママやパパが子どもを想って「水遊び」をさせてあげようとおもうのはなぜでしょう?
それはきっと、ママやパパやが生きてきた中で「水遊びは気持ちがいい!」という感覚を本能で知っているからではないでしょうか。

顔を洗うとサッパリする。
手を洗うとキレイになる。
つめたい水を飲むとリフレッシュする。
海やプールでは開放的になり心が癒される。

どれも経験を重ねてきたことによって、自然と身についてきた感覚です。
水がいかに「生きる力」になるかを感じました。
そんな感覚を、子どもが小さなうちから経験させてあげられたらいいですよね!

五感を使って、全身で「水」を感じる!

子どもの遊びのベースとなる部分に「五感遊び・感覚遊び」というものがあるのは、子育て中のパパやママであれば、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
その中でも、水は子どもの感覚を磨いてくれる万能素材だと思います!
水に触って冷たいと感じたり、水面が日差しでキラキラと輝くのを見て不思議などという感覚を知ります。

そんな水だからこそ感じることのできる体験を、子どもと一緒に理由を考えながら体験することで、とても意味のある時間になります。

親子のスキンシップが大切!

水遊びは、子どもの成長がみられる素敵な遊びの1つです。
「冷たいね」「触ってみよっか」と声かけをしながら濡れた手で子どもに触れてみる。肌と肌が触れ合うことで、子どもの安心感にもつながります。
「子どもに水で遊ばせる」のではなく、「子どもと一緒に水で遊ぶ」という意識で水遊びをすることが大切です!
そして水は、子どもの心を落ち着かせたり、緊張を和らげたり、攻撃的な子どもの安全なはけ口にもなります。

私たち大人は、子どもが水遊びから五感をふんだんに使った体験ができるように、いろいろ質問したり、遊び方を提案しながら、安全に遊ぶことができるように見守ってあげましょう。
いろいろなおもちゃを用意して遊ぶのも楽しいでしょう。でもプリンカップ、マヨネーズの容器、ペットボトル、発泡トレー、おたまなど、家の中にあふれてるもので十分子どもは楽しめます。
そして、夏の時期しか味わえない“感覚”をぜひ可愛い我が子にも体験させてあげてくださいね!