life

今年は平成○年?今日は第○何曜日?暦に関する簡単な小技

pixta_21971606_M

今年は西暦○年? 今年は平成○年?今日は第○何曜日? 書類の記入やスケジュールの確認などで、なにかと使いますよね。唐突に聞かれると答えられないことも多々。カレンダーやスマホを見れば一目でわかるのですが、カレンダーやスマホが手元にない場合はお手上げになりがち。

そこでこんな小技はいかがでしょうか? 簡単な計算で暦を導き出すことができます。

■西暦→平成の変換

西暦を覚えている場合、西暦の下2桁に12を足します。
例1:2016

16 + 12 = 28

2016年は平成28年です。

例2:2009

9 + 12 = 21

→平成21年

例3:2000

0 + 12 = 12

→平成12年

1900年代の場合は、西暦の下2桁に12を足した結果の下2桁です。

例1:1991

91 + 12 = 103

→平成3年

例2:1995

95 + 12 = 107

→平成7年

例3:1999

99 + 12 = 111

→平成11年

■平成→西暦の変換

和暦を覚えていて西暦を覚えていないときは、上記とは逆のことをします。和暦から12を引いた結果の下2桁が、西暦の下2桁になります。
例1:平成28年

28 – 12 = 16

→2016年

例2:平成13年

13 – 12 = 1

→2001年

平成11年以前の場合はもう一工夫が必要です。100を足し12を引いた結果(もしくは88を足す)の下2桁、その頭に19を付けます。(※平成11年以前は1900年代)

例1:平成11年

111 – 12 = 99

または

11 + 88 = 99

→1999

例2:平成元年

101 – 12 = 89

または

1 + 88 = 89

→1989

■今日は第○何曜日?

日付、曜日を覚えていれば第○何曜日かがわかります。日付を7で割り、余りを繰り上げた結果です。特にゴミ捨てのときに役立つ方法です。

例1:17日木曜日の場合

17 ÷ 7 = 2 余り 3 → 余りを繰り上げると3

17日は第3木曜日です。

例2:14日月曜日の場合

14 ÷ 7 = 2

14日は第2月曜日です。

■西暦←→昭和

西暦の下2桁から25を引くことで昭和に変換されます。

例1:1970年

70 – 25 = 45

→昭和45年

例2:1952年

52 – 25 = 27

→昭和27年

昭和から西暦を導きだすには、1925を加えます。25を足した結果の頭に19をつけると言うほうがわかりやすいかもしれません。

例1:昭和29年

29 + 1925 = 1954

29 + 25 + 1900 = 1954

29 + 25 = 54  頭に19をつけて→1954

※1925年以前、1990年以降には使えません。

■今年は昭和でいうと昭和○年?

昭和に換算する方がわかりやすいという方は、特にご年配の方でまだまだいらっしゃるはず。覚えておくと話のタネになります。

2000年代で昭和何年かを調べるには、下2桁に75を足します。

例1:2016年

16 + 75 = 91

2016年は昭和でいうと昭和91年になります。

昭和生まれの方なら、自分の歳(その年の満年齢)を足す方法があります。

例1:昭和55年生まれ 2016年では36歳

55 + 36 = 91

■おわりに

いかがでしたか? 慣れればそれほど難しくない計算なので、頭の体操を兼ねてぜひ何回も試してみてください! 西暦も和暦も曜日も全部忘れてしまったという場合には、ぜひカレンダーを!笑

文・しらた まよ