entertainment

ゆるキャンプのススメ!まずは冷房付きコテージから始めよう

Fotolia_110667392_Subscription_Monthly_M.jpg

「キャンプ=テント」というイメージを持っている方、多いですよね。なんとなく大変そうだし、うちの子にはまだ早いかな……と思って、二の足を踏んでいてはもったいない!実はキャンプ場には、設備が整った宿泊施設があるところも多いのです。小さな子どもがいても大丈夫!まずはコテージなどから、子連れキャンプを始めましょう。

「子どもと遊ぶ」ことをメインに計画を

先日、キャンプに行った友人に「どうだった?」と聞くと、「忙しかった」という答えが。そう、キャンプってけっこう忙しいんです。テント設営、ごはんの支度……、家にいるときよりも忙しくなっては本末転倒ですよね。しかも小さい子どもがいたら、なかなか思うようにはいきません。最初から「思い描いていた完ぺきなキャンプ」を目指さず、まずは「遊ぶ!楽しむ!」ことをメインに、計画を立てることをおすすめします。

子連れキャンプ、宿泊施設を選ぶポイントは?

子連れでキャンプ初心者の場合、いきなりテントではなく、設備の整ったコテージなどがおすすめです。キャンプ場の宿泊施設は、コテージ、ログハウス、バンガローなど、さまざまな呼び方があります。例えば「ログハウス」と言っても、キャンプ場によって、本当に小屋だけのシンプルなものから、冷暖房や冷蔵庫、バス・トイレ付きといった至れり尽くせりなものまで、さまざまです。以下のポイントをチェックして選びましょう。

●冷暖房などがあるか
室内に冷暖房など、暑さ&寒さ対策できる設備があるかは要チェック。特に小さい子どもがいる場合、冷暖房完備の方が安心です。

●トイレがあるか
室内にトイレがない場合、屋外の少し遠いところに共同トイレがあるということもあります。トイレが間に合わなかったり、夜は真っ暗になって、外のトイレに行くのを怖がったりすることも。特にトイレトレーニング中の場合、室内にトイレは必須です。

●寝具はあるか
キャンプ場によっては布団一式を用意してくれるところもありますが、マットだけ、または何も寝具がないというところもあります。寝具の有無は忘れずに確認を。また、夏でも夜はぐっと冷え込むこともあるので留意しましょう。

●食事する場所はどこか
キャンプといえばBBQですよね。BBQの場所がどこなのかも、おさえておきたいポイントです。キャンプ場によっては、専用のBBQ会場のみ可というところもあります。小さい子がいる場合、着替えやおむつ替え、休憩などを考えると、やはり宿泊施設のそばでBBQできるのが理想。BBQ可能な屋根つきテラスがある宿泊施設なら、雨天でも安心です。

あとは、キャンプ場へのアクセス、場内または近隣の遊び場などもチェック。大切なのは、無理せず、ママもパパも楽しむこと。お子さんと一緒に、素敵な思い出を作ってくださいね。

転載元:ゆるキャンプのススメ!まずは冷房付きコテージから始めよう(by マムメモ)

関連リンク

思いっきり遊べて、気付くと学べている「プレーパーク」に行こう
夏レジャーのお供に♪ワンタッチテントデビューしませんか?
意外なお買い物穴場スポット!ミキハウス本店に行ってみた♪