campaign

栄養バランスも良く低カロリー!「ズッキーニ」の栄養価や美味しい食べ方をご紹介します☆

02_1200x640

こんにちは。食育ずかんライターの、ナナちゃんです。

今回は、イタリア語で「小さなカボチャ」を意味する、旬の「ズッキーニ」についてご紹介したいと思います!

【姿はキュウリ、食感はナス?!なズッキーニ】
イタリアの「カポナータ」や、フランスの「ラタトゥイユ」に代表されるように、地中海沿岸地方でよく使われる、北アメリカ南部原産の野菜です。イタリア料理がブームになった80年代後半ごろから、一般的に出回るようになりました。果皮が濃い緑色で、姿はきゅうり、食感はなすに似ていますが、ペポかぼちゃの一種です。

【クセがなく低カロリーな野菜】
完熟してから食べるカボチャと違い、ズッキーニは開花後5~7日の未熟なものを食べます。そのために、水分が多く、糖質は少ないのが特徴です。
かぼちゃの仲間としてはデンプン、糖質が少なく、1本食べても約20Kcalと、エネルギーが控えめです。しかも、ビタミンCやβ-カロテン、カルシウム、マグネシウム、マンガンなどのミネラルがバランスよく含まれているので、ダイエットに向く野菜と言われています。

【ズッキーニは花も食べる?!】
通常のズッキーニよりもさらに未熟で、花をつけたまま収穫されます。花の中にひき肉やチーズなど具材をつめて、揚げ物やソテーとして調理されます。花ズッキーニと呼ばれます。

【選び方】
切り口がみずみずしく、がくが変色していないものを選びましょう。太さが均一で、大きすぎないものが良いとされます。大きすぎると中がスカスカの場合があります。皮に張りがあり、色つやのよいものを選びます。皮が黒っぽいものには、苦みの強いものがあります。

【賢い保存方法】
切ると傷みやすいので、丸ごとの保存がおすすめです。1本ずつラップに包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。カットしたものは、切り口にラップを密着させて冷蔵保存し、早めに使い切りましょう。

【味だけでなく栄養面でも相性がよい油】
ズッキーニは油と相性がよく、特にオリーブオイルとの相性はバツグンです。煮込み料理の場合も、一度炒めてから煮ると、よりおいしく仕上がります。おまけに豊富に含まれるβ-カロテンの吸収もよくなるなど、いいことずくめです。じっくり加熱することで甘みも増します。淡白な風味のズッキーニですが、ひと手間加えると、おいしさが引き立ちます♪

【料理だけでなくスイーツにまで!】
日本では料理に使われるズッキーニですが、アメリカやイギリスではケーキとしても食べられているそうです。「ズッキーニ・ブレッド」といい、パウンドケーキに細かくすりおろしたズッキーニを加えたものです。日本ではなかなか結びつかない組み合わせですね!

ズッキーニは色も鮮やかで、みずみずしく、大変おいしい野菜のひとつです。ぜひとも旬のズッキーニを味わってみましょう!私は、ズッキーニ・ブレッドがとっても気になるので、挑戦してみたいと思います☆

※本記事は、「食育ずかん」が執筆しました。食育まめ知識をもっと知りたい方はコチラから↓

http://shokuiku-zukan.com

Text by 食育ずかん