【体験レポート】「コレもっとやりたい!」初めての夏休み、子どもが夢中になる学習法とは?

_S1C2270_S

ついこの間1年生になったばかりだと思っていたのに、気づけばもう夏休み直前! 学校生活にもすっかり慣れて、毎日の宿題も帰ってすぐにできるようになって一安心。でも、算数の引き算や国語の文章作りなど、ちょっと苦手な勉強も出てくる時期。また逆に、物語を読むのが好き、数って楽しいなど、得意なところがわかってくるのもこの時期です。これから約1カ月ある夏休み、親子で一緒に学習に取り組みながら、お子さまの苦手なところを克服しつつ、得意なところを伸ばしてあげたいですね!

初めての夏休み、子どもはどんな風に過ごすの?

小学校に入学して初めて迎える夏休み。学校の宿題としてサマードリルや読書感想文、絵日記、自由研究など、意外とやることがいっぱい。でも、国語や算数など、基礎的な学力をつけるものはちょっと少ないみたい。高学年の兄・姉を持つ先輩ママからは「1年生の夏が勝負だよ!初めての夏休みに1学期にならったことを復習させる癖をつけておくと、長期休みになるたびに前の学期のおさらいをする癖がつくからいいよ」とアドバイスが。でも復習ってどんなことをやったらいいの? せっかくの夏休みに勉強づけにはしたくないし……。

子どもが苦手な教科でも楽しんで学べるようにしてあげたいけれど、どうしたらいいの?

そんな時におすすめなのが、1日10~15分の学習を続けることで1学期の総復習ができるZ会の通信講座。理解があやふやなところやつまずきやすい点を重点的に学習できるから理解が深まるとともに、一歩踏み込んだ内容でしっかりと考える力を育むことができます。
たとえば算数では、ただ問題を解くだけではなく自分で文章問題を考えたり、国語の問題では続きが読みたくなるようなお話が出題されたりしているため、お子さまのほうから「図書館で借りてきて読みたい!」と言い出すことも。知的好奇心を刺激する良問や文章との出合いは、お子さまの「もっと知りたい」という気持ちをグングン引き出してくれます。それによって教科の内容をただ覚えるだけではなく、自ら積極的に学習を進めていく力が自然と身についてくるのです。「1日10~15分で1学期の総復習ができるなら、うちもやらせてみようかな!」と思ったママも多いのでは?

Z会ってどんな教材なの!?実際に子ども達が体験してみた!

1

今回、読者を代表して、小学校に入学して初めての夏休みを迎える1年生の親子2組に参加してもらい、実際に教材に取り組んでもらいました。
まず初めは文字の読み書きや計算が好きだという小学1年生の男の子、迅矢(じんや)くん。「計算などは好きですが、文章問題の内容を正しく理解できているか、気になります」という迅矢くんのママ。計算が好きというママの言葉通りスラスラ解答していきますが、文章問題になるとちょっと考えている様子。入会するとついてくるおはじきを取り出し、ワークの上に並べて、もう一度問題を読んで、答えを書き込み……正解! はにかみながらも「ちょっと難しかった」という迅矢くん、それぞれの問題に応じた適切な答え方をするのに、かなり真剣に考えたよう。横で見ていたママも「ちゃんと問題を読んで答えられたね。エライ!」とニッコリ。

2

同じく1年生の涼羽(すずは)ちゃんも挑戦。ママは横で見ながらワークの解答に目を通します。「子どもがつまずきそうな点や、ほめ方のポイントまで丁寧に解説してありますね! 大人はわかっているから、子どもができないと『どうしてそんなところで間違えるの⁉』とつい言いたくなっちゃうんですが、そこにはちゃんと理由があったんですね。この解説書を読むと子どものつまずきポイントやアドバイスの仕方、子どもがどれだけがんばって考えていたのかがよくわかりました!」とびっくりした様子。「いつも丸付けするときにママが怒るからやだ」といっていた涼羽ちゃんも、今日はママにたくさんほめられてとっても嬉しそう。
Z会の教材は、学習内容もさることながら、親の声かけポイントなどによってもやる気が引き出される仕組みとなっているようですね。

3

体験が終わったあとも、別のページを開いてワークにおはじきを重ねて解いていたりと、自主的に問題に取り組み続けていた迅矢くん、「楽しかった! もっとやりたい!」という涼羽ちゃん。子どもたちの「学ぶこと=楽しい」という気持ちが伝わってきますね。「わかるから楽しい。楽しいからもっとやりたい」という子どもの意欲を引き出す良いサイクルができることで、苦手だったところも夏休みが終わるころには得意分野に!

まずは無料のおためし教材で試してみませんか?

家族で旅行に行ったり、プールに行ったりと楽しいことが満載の夏休み。ついつい気が緩みがちになりますが、「1学期の総復習をしながらつまずくポイントを解消しておきたい」という方は、資料請求してみては? 今なら国語と算数の重要ポイントが復習できる『夏に差がつく! 国語・算数ドリル』がもらえます。夏ドリルで1日5分の勉強習慣をつけておくことで学んだことを定着させられるうえに得意分野もしっかり伸ばしてあげられそうですね。また、夏休み中、学習リズムを整えて過ごすことで、2学期が始まってからもスムーズに学習を継続していくことができます。『夏に差がつく! 国語・算数ドリル』は、数量限定なので資料請求はお早めに!

【Z会の通信教育 小学生コース 1年生】
詳しくはこちら▶▶▶

※特典は数量限定!なくなり次第終了です