life

今年はなに読む?課題図書「さかさ町」に書かれている内容が深すぎる!

ファイル_001

夏休みの宿題の定番『読書感想文』。7月から図書館で貸し出しがはじまる市町村も多く、わが家も早々と借りてきました。4年生の娘が選んだ「さかさ町」はどんな内容なのでしょう。

課題図書 中学年「さかさ町」

さかさ町 (岩波書店)

著者:F.エマーソン・アンドリュース・作

ルイス・スロボドキン・絵

小宮 由・訳

■線路の事故で停車したのは…

主人公はリッキーとアンの兄妹です。汽車でおじいちゃんの家に向かう途中、線路の事故でちかくの「さかさ町駅」に停車することになった2人。その町は名前のとおり、すべてさかさまでした。

ファイル_000

文字はさかさまに書いてある

家もさかさまに建っている

車の形もアベコベ
エンジンが後ろにある=前に何もなくて運転しやすいし、エンジンがタイヤのすぐ上だからエネルギー効率がいい

レストランでは、デザート⇒メイン⇒スープの順ででてくる
盛り付けも上下逆

ホテルの部屋は地下=涼しい、安全、静か

高いと危険と隣り合わせ(風が吹いたり、窓から落っこちたり)

2階は倉庫、各階につながるシュートでシーツや枕カバーが届く

ちょっと変に感じますが、車と言い、ホテルのシュートと言い、なかなか合理的ではないでしょうか?

■あったらいいな、こんなシステム

「さかさ町」では物だけじゃなく、こんなシステムもさかさまです。

ファイル_002

子どもがはたらいて、老人が遊ぶ

子どもにとっては働くことが新鮮、働くって楽しい!

老人は十分働いたから遊んでもいい、疲れてるからノンビリするのがあってる

病院では、待つのは医者

検温はアイスクリームの溶ける速さではかる

健康な人がお金を払う

病気になったら働けないから払わなくてもよい

薬は病気の人をよくするためだから、美味しくて当たり前

味はとびきり美味しい⇒まあまあ美味しい⇒だんだんまずくなる⇒とっても苦い、飲みたくないからすぐに治る

小学校にはとてもいい子だけが行ける

行くのは休日だけ、平日は楽しんで働いていて校に行く暇はない

社会で大切なことを十分学ぶから学校に行く必要はない

先生がプレゼントを配る=生徒はうれしくて先生が好きになって、勉強も好きになる

歴史は現代⇒過去へさかのぼって学ぶ

今の暮らしを学ばないと、遠い時代のことは頭に入らない

『わすれよ科』では、忘れることを学ぶ(教育上とても大事なこと)

嫌なことされた⇒忘れることができたらケンカはなくなる

失敗した⇒失敗を忘れて前向きになれたら、今よりもっと幸せになれる

お菓子を食べるのを忘れる⇒体重が減った

歌で計算間違いを覚える⇒正しい答えしか残らない

お店では物+お金をくれる

いいものを作ったり、育てたりすることが人生の喜び

お客さんに持って行ってもらえば、新しいものが作れる(世の中で循環している)

泥棒や犯罪者は牢屋に入れられて罰をうける、みんな罰を受けたくないから働く

どれもこれも、いいこと言ってますね!  こんな町があったら、ちょっと住んでみたくなりました。

■さかさ町から学ぶこと

低学年用の本だと思って軽い気持ちで読んだ筆者。なかなか深い内容が書いてあるのに驚きです!

「常識と思われていることを疑ってみる(さかさまに考えてみる)ことで、物事にはさまざまな見方があること、それまで見えなかったことが見えたりすることがある」(訳者あとがきより)

この夏は、ぜひお子さんと一緒に課題図書を読んでみてはいかがでしょうか。

 

参考URL:第62回 青少年読書感想文全国コンクール

 

文:Kuu