child

コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?

記事提供: LITALICO(りたりこ)発達ナビ

コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174010948

アナログゲーム療育アドバイザーの松本太一です。

私は普段、ボードゲームやカードゲームを使い、発達障害のあるお子さんのコミュニケーション能力を伸ばす治療教育を行っています。

よく、「発達障害のあるお子さんはコミュニケーションが苦手だ」と言われています。

他方で「就職に必要なのはコミュニケーション能力」とも言われます。

発達障害のあるお子さんが社会で上手くやっていくために、コミュニケーション能力が必要なのは間違いなさそうです。

では「コミュニケーション能力とは一体なにか?」というと、みんなが共有している明確な答えがあるわけではありません。

劇作家の平田オリザさんの著書「わかりあえないことから~コミュニケーション能力とは何か~」をもとに考えてみたいと思います。

平田オリザ著「わかりあえないことから~コミュニケーション能力とは何か~」(講談社現代新書)

http://www.amazon.co.jp/dp/4062881772

「協調性」と「社交性」

コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30702000024

本書から一部参照しますと、

「協調性」は「価値観を1つにする方向のコミュニケーション能力」で、「空気を読む」「輪を乱さない」といったことがそれにあたります

ムラ社会の日本では特に求められる能力です

「社交性」は「バラバラな人間が、価値観はバラバラなままで、どうにかして上手くやっていく能力」で、「相手の立場を尊重する」「自分の意見をしっかり主張する」といったことがそれにあたります

■日本の社会では「協調性」と「社交性」この2つの異なる能力が共に「コミュニケーション能力」として混同して求められるために、子どもたちが混乱をしています

と、平田さんは指摘します。

その上で、

■国際化・多様化が進む社会にあっては、どちらかといえば多様な価値観を持つ人と一緒にやっていくための「社交性」を伸ばすことが日本人の課題ではないか

と述べられています。

発達障害のある子のコミュニケーション療育

コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28202000472

コミュニケーション能力を「協調性」と「社交性」に分けるという発想は、発達障害のあるお子さんの療育を考える上でも重要だと私は考えます。

コミュニケーション能力の獲得は発達障害のあるお子さんにとって療育の目標の一つになると。

発達障害のあるお子さんの場合、注意力の低さや興味の移り変わりの激しさ、あるいはこだわりの強さといった障害特性により、周囲に合わせる「協調性」を身につけるのは中々難しいかもしれません。

他方、皆がバラバラなままで上手くやっていくための「社交性」は、能力というよりはむしろ意識の持ち方によるところが大きく、発達障害のあるお子さんにも身につけられるのではないかと思うのです。

わかりあえないことから始める

「社交性」を身につけるためには、「わかりあえないこと」を自覚することから始める必要がある、と平田さんは述べています。

「わかりあえない人間同士が、どうにかして共有できる部分を見つけて、それを広げていく」といった経験が必要なのだそうです。

その具体的な方法として、本書の中には演劇を用いたワークショップの技法が紹介されています。

しかし、これは1つの学級の授業として行われたもので、気軽に実施するにはやや規模が大きそうです。

そこで、私が療育に使っているアナログゲームの中から、気軽に「わかりあえないこと」を体験できるゲームを1つご紹介しましょう。

わかり合えないことを体験する「ヒットマンガ」

わかりやすく伝える 「ヒットマンガ」 ~アナログゲーム療育のススメ~

http://wp.me/p6lEPD-12

コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?

Upload By 松本太一

これは、読み手の発したセリフをもとに正しい札を取るカルタ形式のゲームです。

そこで読みあげるセリフは、手にした札に描かれた絵をもとに読み手が自分で考えます

このゲームの面白いところは、自分が作ったセリフがきちんと伝わらず、正解と違う札が取られてしまうことが頻繁にあることです。

そんなとき、「なぜそれが正解だと思ったの?」「どんなセリフなら伝わりやすいかな?」といった声掛けをすることで、「わかりあえない」ことをきっかけに「どうやったら伝えたい情報を共有できるのか」を一緒に考えることができます。

その経験が、「わかりあえない」ことを前提にお互いの思いを共有していく「社会性」を身につけることに繋がっていきます。

関連記事

【お家で療育】ゲームで「他者への関心」を育もう

「また子どもの要求通りにしちゃった」後悔しすぎていませんか?

手帳がなくても使える福祉サービス、しっていますか?

コラム出典:コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?
(by LITALICO(りたりこ)発達ナビ )