child

算数の壁は計算だけじゃない!何度練習しても無理なことは無理で…

記事提供: LITALICO(りたりこ)発達ナビ

学校指定のアイテムが使いにくい…!すると

1

Upload By 荒木まち子

2

Upload By 荒木まち子

小2で出会った算数のもう1つの壁

算数の壁は計算だけじゃない!何度練習しても無理なことは無理で…

Upload By 荒木まち子

小学校2年生の算数には、かけ算がありグンと難しくなってきます。ですが壁は計算だけではありません。「長さの学習」というものもあるのです。

学校指定の竹定規を使って物の長さを計ったり、点と点を結んだり指定の長さの線を引いたり…。

実はこの学区指定の丈定規というのが曲者で、

1. 細かいメモリが読めない

5ミリ、10ミリならまだしも1ミリ単位のメモリが上手く数えらない。

2. 正確に定規を置けない

竹定規は透明でないので点に上手く合わせる事ができない。

3. 滑りやすい

線を書こうとすると、滑って曲がってしまう。

と、非常に使いにくい様子でした。

定規は小2を終えても案外よく使う…

算数の壁は計算だけじゃない!何度練習しても無理なことは無理で…

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044005179

「練習すればいつかはできるようになるのではないか?」と思っていた私は、自宅で10倍の大きさの定規の模型を段ボールで作って毎日練習をさせたこともありました。

でもどれだけ練習してもメモリを読むことはできず、何度も練習するうちに、泣き出してしまう…なんていう事もありました。奮闘している間に学校での「長さ」の学習は終わってしまい、次の単元に移りました。

「ま、メモリが読めなくても仕方ないか。」と考えたものの、その後も定規を使う授業はたびたびあります。

不器用な子もスムーズに定規を使うための工夫として、

「滑り止めのシールを貼る」などは良く目にしますが、周りの友達と違うことを嫌がるわが子は、こういった工夫に難色を示すことがよくあります。

そこで、いくつかの市販の定規を試し、なんとか子どもに合ったアイテムを見つけようと探してみました。中でも1番気に入ったアイテムはこちら。

子どもが「使いやすい!」と言った、ピタットルーラー

算数の壁は計算だけじゃない!何度練習しても無理なことは無理で…

出典 : http://www.mds-japan.co.jp/products/topics/pitattoruler.php

この定規は少し値段が高いので、ネットで見つけたあとに文具屋さんに行き、直接手にとって使い心地を確認してから購入しました。

「どの部分を押さえてもしっかり固定されるから線を引いてもズレない」

「反対側がステンレスだからカッターを使うときにも便利!!」と大絶賛でした。

わが子にピッタリの定規が見つかりました。

その後の竹定規の使い道はというと…

使う頻度がほとんどなかった竹定規。

「背中をかく」「隙間に落ちたものを取る」以外の利用法はないものかと思案中です。

関連記事

合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについて

病院で大パニック!と思いきや…息子の「怖い」を解決した◯◯とは

大事なのは目的!タブレット学習を取り入れたわが子の変化とは?

コラム出典:算数の壁は計算だけじゃない!何度練習しても無理なことは無理で…
(by LITALICO(りたりこ)発達ナビ )