campaign

簡単なのに劇的変化!?子育てのイライラは○○で減らせる!

pixta_19815324_M

毎日子供たちにお小言ばかりで、イライラモード全開になることはありませんか? しなきゃいけない家事が多いのに、子供たちは何かとやらかしてくれるし…でもママのイライラは子供に伝染するし、家の雰囲気がピリピリすることもしばしば。

筆者もイライラしすぎて時々逃亡したくなるのですが、ある日何気なく1つの事をしてみたら気分がスッキリ切り替わりました。すると子供たちの行動にも変化が…

■イライラしたらコレ!鏡の前で…

イライラしたり、怒ってばかりいたある時、顔を鏡で見てみました。口角が下がった「への字口」、ほうれい線くっきりの表情…ショックを受けました。

これはまずいと、少し口角をあげてみました。

あれ、笑顔になった!作り笑いだけど。

そのままの顔で子供たちに話しかけると「はやくお風呂に入りなさい!」が「そろそろお風呂に入ろうか」。言葉かけが自然に変わっているのです。子供たちは母親の作り笑いに大うけしながらも動き出しました。(不気味にも感じたのでしょうか…)

口角を上げただけなのに、さっきまでのイライラが減った気がしたのです。
不思議に思い、その根拠を調べてみました。

■幸せホルモン「セロトニン」効果がすごい!

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」は不足すると些細な事でキレたり、怒りやすくなるそうです。
逆に多く分泌されるとイライラが落ちついて、ストレスにも強いといわれています。
その「セロトニン」を増やす方法の一つが、笑顔でした!

いつも自然な笑顔でいられれば良いですが、そうはいかないときが多いですよね。
意識して口角を上げる事で、脳の「幸せスイッチ」がONになり「セロトニン」が分泌されていくそうです。
作り笑顔で脳を騙してしまうんですね。
「セロトニン」効果でイライラが本当の笑顔に変化。その変化が伝染していくのか、子供たちの反応も楽しそうでした。

■口角上げ体操「ウィース」で笑顔を日課に

口周りの筋肉をやわらかくするトレーニング法はいろいろありますが、筆者は「ウィース」体操をしてみました。
子供たちに大人気のアニメキャラクターの口癖「ウィース!」

「う」と「い」が口角を上げたり、戻したりする体操にちょうど良いのです。実際あのキャラの口角、すごく上がってますしね…。子供と一緒に鏡の前でやると顔芸に発展して遊べます。

口角が上がるとイライラが軽減するだけでなく、ほうれい線が目立たなくなり、肌のたるみも防げるので美容効果にも期待大です。
みなさんも意識して口角を少し上げてみてください。新しい境地が開けるかもしれませんよ。