child

食物アレルギーの予防にも。お肌の保湿はぜひ新生児期から

Fotolia_86521984_Subscription_Monthly_M.jpg

赤ちゃんを入浴させた後、保湿クリームやローションで赤ちゃんの全身スキンケアってしていますか?着替えだけでバタバタして特に何もしてない……というママも多いかもしれませんね。
けれど、新生児期から保湿をしておくと、その後のアトピー性皮膚炎や食物アレルギー発症を防げる可能性があることをご存知ですか?

国の研究機関が発表

2014年の秋になりますが、国立成育医療研究センターが「世界初 アレルギー疾患の発症予防法を発見」というプレスリリースを発表しました。
そこには、新生児期から保湿剤を塗ることによって、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下すること、そしてアトピー性皮膚炎の発症が卵アレルギーの発症と関連することを確認したと記載されています。
また、乳児期のアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーなどの発症を誘因することも示唆されています。

保湿のポイントをご紹介

プレスリリースには具体的な保湿方法については触れられていません。
そこで、国立成育医療研究センターを中心に、食物アレルギーの専門家や有識者によって構成されたアレルギーラボ推進委員会が監修する「アレルギーラボ」というHPの情報を元に、赤ちゃんの入浴後の保湿方法について、2つのポイントをお伝えします。

ポイント1 早めに潤いキープ
長年お肌のお手入れを続けているママなら実体験でご承知だと思いますが、入浴後の肌は時間とともに乾燥していきますよね。お風呂から上がったら早めに保湿クリーム、保湿ローションをつけてあげましょう。
汗が出ているときは落ち着いてから、その場合でも1時間以内をめどに塗ったほうがいいそうです。
すでに肌荒れ・炎症・湿疹がある場合も保湿は必須だそうです。

ポイント2 適切な使用量で保湿を
軟こうタイプでチューブ型保湿剤の場合は、大人の人差し指の「指先から第一関節まで」の長さに出した量の軟膏を、大人の両手の手のひらと同じくらいの面積の皮膚に塗ります。これは1FTU(Finger Tip Unit)と呼ばれ、代表的な目安量とされています。
容器に入っている保湿クリームの場合は、1歳前後であれば、全身に塗るのに約小さじ1の量を使います。
そして、保湿ローションの場合は、1円玉の大きさの量を、大人の両方の手のひらに相当する面積に使います。
保湿剤は適切な量を知ってから使用して下さいね。

保湿が全てのアレルギーの発症を必ず防ぐわけではありませんが、ぷるぷるお肌を保つためにも、赤ちゃんの保湿はしっかりしてあげましょうね!

【参考】
アレルギーラボ(「ポイント1 早めに潤いキープ」、「ポイント2 適切な使用量で保湿を」)

転載元:食物アレルギーの予防にも。お肌の保湿はぜひ新生児期から(by マムメモ)

関連リンク

世界1000万人に拡大中 北欧生まれのベビーボックス
お子さんが突然のアレルギー診断。上手く付き合う方法お教えします
フランス式の寝かしつけ方で子どもの自立心が育つ!?