entertainment

都内の穴場はココ!水遊び用オムツOKな屋外プール

Fotolia_87573126_Subscription_Monthly_M (1).jpg

暑い夏!子どもを連れて行きたくなるのは、やっぱりプールですよね。
都内には水遊び用オムツがOKなレジャープール施設は数あれど、メジャーなところだと混雑が避けられないし、入場料も高め…。ということで、オムツが取れていない子どもでも遊べる穴場プールを調べてみました。

大蔵第二運動場 屋外プール(世田谷区)

大蔵第二運動場の中にある屋外プール。今年は7月9日(土)から8月下旬までの期間限定でオープンします。
一周約100mの流れるプール・2種類のウォータースライダーがある本格派です。
オムツの取れていない子どもが入れるのは、子ども用の浅いプール。水遊び用オムツの上に水着を着用し利用することができます。さほど広くはない子ども用プールですが、幼児向けの滑り台もあるので、楽しめること間違いなしです。
プールサイドでカレーやたこ焼きなどの軽食も販売されています。持ち込みも可能なので、小さな子ども連れのママも安心して出かけられます。
チケットは2種類あり、1日券は大人1080円、幼児無料。13時以降入場の午後券は大人600円、幼児はもちろん無料です。時間無制限なので、心ゆくまで遊び通せます。

目黒区民センター体育館 屋外プール(目黒区)

7月1日(金)から9月上旬まで営業される屋外プールです。
水遊び用オムツ+水着着用で利用できるこの幼児用プールの嬉しい点は、料金がとってもリーズナブルというところ。幼児用プールのみで遊ぶ場合は、子どもひとり100円!しかも付き添い1人までは無料です。ママと子ども一人で行けば、なんと100円しかかからないのです。ただし、2時間以上利用する場合は超過料金が必要になります。
目黒駅から徒歩10分。着替えなど、たくさんの荷物を持って移動する親にとっては少し距離がありますが、お子さんの楽しく遊ぶ姿を見れば、疲れも吹き飛びます!

水遊び用オムツは、排泄物を完全にもらさないものではありません。その点に注意し、周囲に配慮することを忘れず、プールで思いっきり遊びましょう!楽しそうにしている子どもを見るだけでママは嬉しくなりますよ!

転載元:都内の穴場はココ!水遊び用オムツOKな屋外プール(by マムメモ)

関連リンク

梅雨から夏に増える子供のアタマジラミ!我が子を守る予防法は?
ジカ熱や日本脳炎など怖~い蚊の被害。予防のために「やるだけムダ!」なコト教えます。
キャンプにあると便利!なママ目線コスメ5選