child

小4の壁!学童を卒所した子どもはどう過ごさせる?

小4以降は学童がない!?

子どもを抱えて働く場合には、預け先を確保しなければなりません。小学校入学前は保育所に、小学校入学後は学童保育に預けることができれば、とりあえずは安心と思いがちです。しかし、次に問題が起こるのが小学校4年生のとき。というのも、学童は小学校3年までのところが多いからです。「小4の壁」ともいわれるこの問題。個人差はありますが、小4というとまだ毎日お留守番するには不安の残る年齢です。学童を卒所した後の預け先も考えておく必要があります。

長期休暇中は特に心配!

小学校高学年でも、学校が終わって帰ってくるのは16時頃。夕方早めに仕事が終わる人でも、残業で遅くなったときが心配です。さらに、夏休みなどの長期休暇中どう過ごすかは大きな問題になります。朝から晩まで子どもだけで家にいると、テレビやゲーム三昧になってしまうことも。また、子どもだけで頻繁に外を出歩くようなことがあれば、事故や犯罪に巻き込まれる心配もあります。

学童は小6までになっている?

2015年4月から学童保育の対象が小6までに拡大しているのをご存知ですか? 「子ども・子育て支援新制度」により、各学童保育では小学校高学年の子どもも受け入れられるようになりました。しかし、受け入れは強制ではなく、各自治体の裁量に委ねられています。そのため、小3までを優先して受け入れ、余裕があれば小4以降も……、という対応をしている自治体が多いのが現状。地域により状況が異なるため、気になった方はお住まいの自治体に確認してみましょう。

学童がなくなった後、子どもを預ける場所は?

祖父母の家

近所におじいちゃん・おばあちゃんがいれば、預け先がないときにはやっぱり頼りになります。自分の親とはいえ気を遣うこともあると思いますが、費用的な負担が少なく済むだけでも助かります。子どもも慣れていれば、安心ですね。

お友達の家

近所に親子共々仲良くしているお友達がいれば、子どもを預かってもらえないかお願いしてみるのも手です。と言っても、あまり頻繁に預けるようなことになると、向こうも負担になりますから気を付けて。また、仕事が休みのときには、自分の方が預かってあげることも忘れないようにしましょう。

塾や習い事

学校が終わった後、塾や習い事に行かせれば、その時間は安心できます。塾なら長期休暇中にも、夏期講習や冬期講習を実施しているところがほとんど。しかし、塾や習い事に毎日行かせるとなると、母子家庭にとっては負担が大きいはず。週1回だけなど、無理のない範囲で考えましょう。

放課後子ども教室

「放課後子ども教室」は、文部科学省と厚生労働省が子どもの居場所づくりのため連携して取り組んでいる「放課後子ども総合プラン」により、市区町村単位で設置が進められています。地域との交流活動やスポーツ体験などができますから、お住まいの市区町村で実施されているかどうか調べてみましょう。

家でお留守番させるときにはルールを決めておこう

預け場所を何ヶ所か確保することができても、どうしてもお留守番させないといけない日もあると思います。子どもだけでお留守番させるときには、事前にルールを決めておくと安心です。

防犯に気をつける

子どもだけで家にいることがわかれば、不審者に狙われる危険があります。来訪者があってもインターホンで確認するまではドアを開けない、親からの電話以外は出ないなど、子どもと話し合ってルールを決めておきましょう。また、家の中にも危険はありますから、ガスコンロは勝手に触らないなどを決めておくことも必要です。

友達を家に呼ぶときには

小学校高学年にもなると、子ども同士で遊ぶ約束をすることも多くなります。家にお友達を呼ぶ前には、親に事前に連絡するなどのルールも決めておくと良いでしょう。

まとめ

小4以降は毎日決まって預けられる場所がなくなりますから、子どもが安心して過ごせる場所をいくつか確保しておくのがおすすめです。普段からママ友や近所の人と親しくしておけば、子どもが困っているときに声をかけてもらえますし、子どもの方からも何かあったときにすぐに助けを求められます。近所づきあいは煩わしいこともあると思いますが、母子家庭だからこそ孤立しないよう、できるだけ周りの人と仲良くしておきましょう。

【関連記事】
シンママだからこそ考えたい!子どもが家で安全に過ごすためのルール6つ
仕事を選ぶ前に考えておこう!シングルマザーの残業対策
子だくさんシングルマザーの上手な子育てのポイント

オリジナル記事
小4の壁!学童を卒所した子どもはどう過ごさせる?