child

ダンボールは無限の可能性を秘めたおもちゃ!

IMG_1941.JPG
季節はまだまだ梅雨。小さな子供がいる家庭では、おうちの中でどう遊ばせるか?は切実な問題です。とはいえ、たくさんおもちゃを買い与えるのも……そんな時の強い味方が「ダンボール」なんです!

キッチンセットも簡単に

ネットショッピングの機会が多い、小さな子供がいる家庭。ダンボールは必ずあるはずです。最近ではキッチンセットなど、ダンボールで器用にオシャレなおもちゃを作ってSNSにアップしているママもいます。でも、あんなの私には作れない!とあきらめることなかれ。図画工作から才能がなかった筆者ですが、写真のようなシンプルなキッチンセットなら簡単に作れました。ダンボールに、100均で買った白いテープを貼り、コンロはケーキを冷やす網、シンクは穴を開けトレイを埋め込み、もらいもののテープや、使い古しの鍋など用意して、キッチンセットの完成!お金がかかっているのは、昨年のクリスマスプレゼントの、おままごと野菜セットくらいです。2歳目前の我が娘は、掲載することがお恥ずかしいようなこのレベルでも、ありがたいことに楽しんでくれています。月齢を重ねたらカスタムを考え中。それも、手作りおもちゃの良いところです。

汚しても、形を変えてもオッケー

IMG_1942.JPG

幾ら汚してもよいって、子供にはパラダイス。我が家では、机の隣にダンボール机も並べ、ここには落書きもシール貼りもオッケー!としています。これまたお恥ずかしい汚さですが……後々眺めて、この落書きはあの時の!なんてしみじみ出来るのも親の醍醐味。また、このダンボール机、中に一回り小さなダンボールを入れて強度を上げ、つかまり立ち用の台や、何でものぼりたがる頃のお立ち台としても役立ちました。
さらに、子供を乗せて(入れて)車ごっこというのも、シンプルですが楽しい遊び。使わない時は、折り紙や包装紙を貼り付けて簡単にデコレーションし、おもちゃ箱として活用出来ます。他にも、底を開いてトンネルにしたり……ダンボールの可能性は無限です!

ちょっとビンボー臭い?いやいや、子供が楽しんでくれれば関係ない!ダンボールでお得に、おうち遊びをエンジョイしましょう。

転載元:ダンボールは無限の可能性を秘めたおもちゃ!(by マムメモ)

関連リンク

思わず笑ってしまう。「子育てあるある」Instagramに共感の嵐
活用法無限のジャーマグは、何個も欲しい!だからこそ、賢いママは100均を利用
深刻化する“子育て孤独”。先ずは自分自身が変わってみませんか?