manga

友達のフリをした敵!? あなたの周りにもいるかもしれない「フレネミーママ」

フレネミーママも、ママ友やその子どもに

フレネミーとは……

フレンド(友)とエネミー(敵)の言葉を組み合わせて作られた、“友を装う敵”という造語のこと。 友達のフリをして近づきながら、実は相手を傷つけて楽しんでいる? 仲良しのはずなのに、ちょくちょく自分の意見を押しつけられたり、笑顔でサラッと嫌味を言われたり……、なんとな~く「ストレスが溜まるお付き合い」していませんか?

今回は、意外に多い? 身近に潜むちょっとやっかいな「フレネミーママ」たちをご紹介します。「あの人ってもしかしてフレネミー!?」と気づけば、スッキリするママも多いのではないでしょうか。

■あなたの身近な「フレネミーママ」ってどんな人?

ものすごい笑顔でさらっとぶちこんでくる

『ものすごい笑顔で、サラッときついことをぶち込んでくる』

『「子どもの好き嫌いが多くて……」と愚痴れば、「うちは好き嫌いないんだ~」と返し、「親離れしてきてるから寂しい」とこぼせば、「うちはまだまだママっ子で~」と返す。いちいち正反対の事言ってくるんだよね。 そのくせ嬉しかった事を話せば、なんだかんだと批判に持っていく。なんか、その都度イライラさせられてるなって、最近思い始めた』

『自分の育児と自分の子供が完璧だと思っているみたいで、その考え方に当てはまらないうちの子育てや、我が子の性格などについてチクチク言ってくる……。 子どもが同じクラスで家も近いから疎遠にも出来ず、会うとストレスが溜まる』

『私の事を格下だと思っているらしく、何かにつけマウンティングしてくる。 家を買ったときも、「地震とか大丈夫?潰れちゃったら死んじゃうね~」と笑顔で言われた。さらにうちの子の事を「人生失敗しそうなタイプだね、心配だわ~」って……。 こちらが傷付いた顔をすると、嬉しいのかさらに笑顔で追い込んでくる。』

フレネミーママは、にこやかな仮面をかぶって嫌味な・相手を見下す発言をするのが特徴。なかなか付き合いを絶つこともできず、日々ストレスを蓄積していくママが多いようですね。

■やっぱり、だんだんと周りの人が離れていく?

始めは「いいよね~」とか

『フレネミーママはまわりに何人かいたけどスルー&フェードアウトするようにしてる。相手する時間がもったいない』

『始めは「いいよね~」とか「そうだよね~」って共感するのに、途中から「でもさ~」とか「けどさ~」を連発してこちらを否定してくる人。 そういう人って、自分が一番だったり、グループの中心にいないと気がすまないタイプだから、周りからも嫌われちゃうのよね』

『わざとなのか無神経なのか、どっちなんだろうと悩む態度の人がいた。 でも友達は多いみたいだし、いちいち悪く受け取る私がおかしいのかな……? と思っていたら、その人はいつの間にか孤立していた。 なーんだ、やっぱりみんなもそうだったんだ、と納得』

「いちいち相手をしていられない!」と、スッパリ距離をおきたくなってしまうママも多いようです。

■こんな意見も……

『余計な一言が多いんだろうね。 結局は自分のことしか考えていない』

『そういう人って同性にだけそうなのかな? 旦那は本性知らないのかな? って思ってしまう』

『私は正直、連絡取りたくないんだけど、子供同士が仲良いから……。無理して付き合ってるよ』

『フレネミーママも、ママ友やその子どもにカーストつけて自己満足するママも、みんな自分に自信がないんだよ。だから、他人のことを見下しては自尊心を保とうとしているのさ』

みなさんの周りにも、意外とたくさん潜んでいるかもしれない!? 『フレネミー』なママたちをご紹介しました。

内心は「話していて疲れるな……」と思っていても、お子さん同士が仲良しだったり、家が近所だったりして、なかなか距離を置けないと悩んでいるママの意見もありました。

フレネミーママの攻撃に悩んでいるママはいませんか? そのママとは、どんな距離感で付き合っていますか?

フレネミーママ対処法をお持ちのママ、またフレネミー発言にスカッとする返しをされた勇敢なママがいらっしゃいましたら、ぜひ参考までにそのエピソードをご投稿くださいね。

 

文・赤石みお  イラスト・藤森スズメ

参考トピ (by ママスタジアム
あなたの周りのママ友にフレネミーいませんか?