recipe

調理10分以内!夏の常備菜はすし酢で乗り切る

1887.JPG

忙しいママにとって、毎日の献立作りを助けてくれる常備菜。でも夏場は食材の傷みが心配ですよね。そんなときに超使えるのがすし酢!お酢のパワーで下ごしらえしておく『半調理常備菜』で無駄なく食材を使い切りましょう。

作り方とアレンジメニュー

人参
千切りにして耐熱容器に入れ、電子レンジで1本あたり30秒目安で加熱した後、保存容器に移して、すし酢を全体にかける。耐熱の保存容器に直接スライサーで千切りをすれば楽チン!

アレンジメニュー

1905.JPG

人参のごま和え…汁気を切った人参にすりごまを加えるだけ。味見をして足りないようなら醤油またはめんつゆを少々プラス。
人参サラダ…汁気を切った人参をマヨネーズで和える。ツナや細切りにしたハム、蒸し鶏などを足しても良い。すりおろしニンニクを少々加えると、大人の味に。カレー粉少々を加えてさらにアレンジも可能。

もやし
ゆでて、水気をしっかりと切り、保存容器に入れてすし酢を全体にかける。もやしは水からゆでて、沸騰したらザルにあげると、ゆですぎずにシャキッと仕上がります。

アレンジメニュー

1892.JPG

もやしのナムル…汁気を切ったもやしにごま油を加えてごまやブラックペッパーをふる。味見をして足りないようなら醤油を少々プラス。すりおろしたニンニクとショウガを加えると本格的っぽい味に。一味唐辛子を加えるとおつまみにぴったり。
もやしサラダ…汁気を切ったもやしに細切りのハム、きゅうり(後述のきゅうりでもOK)を加えて混ぜる。お好みでマヨネーズやごま、コショウをプラス。戻した春雨を加えるとボリュームが出る。

パプリカ
食べやすい大きさに切ってグリルで焼き、火が通ったら保存容器に入れてすし酢を全体にかける。時間と心に余裕があれば、丸ごと真っ黒に焦げるまでグリルして皮をむいたパプリカで作ると、とろける美味しさが味わえます。

アレンジメニュー

1904.JPG

パプリカの和風マリネ…キンキンに冷やしたパプリカにかつおぶしをかけて、オリーブオイルをたらり。白ワインに合います!
サラダの具に…ポテトサラダやマカロニサラダに加えると彩りがぐんと華やかに。この場合は細かく切るとベター。

きゅうり
薄切りにして保存容器に入れ、すし酢を全体にかける。スライサーで直接保存容器にスライスしていくと楽チン!

アレンジメニュー

1891.JPG

きゅうりの酢の物…汁気を切ってぎゅっと絞ったきゅうりに、わかめを加える。味見をしてきゅうりの漬かりが浅ければ新たにすし酢を少々かける。しらすやごまを加えても美味。
サンドイッチの具に…汁気を切ってぎゅっと絞ったキュウリにツナを混ぜてマヨネーズで和え、サンドイッチの具に。

いかがでしたか?いずれの食材の場合も、清潔に洗ってしっかりと乾かした保存容器を使ってください。台所用アルコールなどで消毒すれば万全です。また、常備菜を熱いまま冷蔵庫に入れると庫内の温度が上がり、ほかの食材が傷む原因にもなるので、しっかりと冷ましてから冷蔵庫に入れてくださいね。
お酢のパワーで美味しく長持ちの常備菜。夏バテ知らずでヘルシーにこの夏を乗り切りましょう!

転載元:調理10分以内!夏の常備菜はすし酢で乗り切る(by マムメモ)

関連リンク

さっぱりおいしい!トマトを使った簡単和え物 3種
簡単!夏の常備菜、山形の「だし」の作り方
ママ会ランチにもお役立ち!バゲットと食べたいトマトの簡単レシピ