life

虐待?それとも文化の違い?海外のママたちも激論・反論!北海道の児童置き去り事件

Attractive lady is working with her team
親が「しつけ」のために7歳のわが子を山林に置き去りにした北海道の事件。親がついた嘘、7日間にもわたる必死の捜索、何も見つからない手がかり……でも最後は無事に保護されて本当に良かったですね! ほっと胸をなでおろし、少年の驚くべきサバイバル能力に拍手を送った人も多いのでは?

けれど一方で、山林に置き去りにすることは「しつけ」と言えるのか、親の責任はどう問われるのか、これから少年と家族はどうなるのか……気になることもいっぱいです。

この事件は、日本国内の事件としては異例と言ってもいいほど海外メディアでも大きく報道されました。もちろんネットでも世界中の人たちの様々な意見が飛び交っています。中でも、同じ年頃の子どもを持つ海外のママたちは、いろいろと思うところがあったはず。海外のママたちはこの事件をどんな風に見て何を考えたのでしょうか。

■「残忍」「残酷」「浅はかな行為」

Mumsnet(マムズネット)はイギリス最大のママ向け情報サイト。その掲示板には毎日たくさんのママたちが訪れ、子育てや教育、仕事のことなどについて意見を書きこみ議論を戦わせます。イギリスだけでなく、同じ英語圏のアメリカやオーストラリア、カナダなどからの参戦もあり、いろんな価値観や考えの違いを見ることができます。

今回の「北海道の児童置き去り事件」についてもさっそくトピックが立てられ、多くのママたちが意見を書き込みました。

『信じられない……。残忍な行為としか言いようがない』

『置き去りにすることが子どものためと思っている人間は親になるべきじゃない』

『子育てとしては最悪。脅して子どもを従わせようとする浅はかな事例』』

『わが子を熊のエサにしようなんて、正気じゃない』

多くのメディアが「しつけ」を「罰(punishment)」と訳して報道したためか、ことさら父親の行動の「残酷さ」が際立って伝わったようです。

■文化の違い!?

親の残酷さや軽率さが非難される中、「置き去りすることに何の意味があるのかさっぱり理解できない」というコメントが。その流れで、これは「日本の文化」なのか? という議論が白熱しました。

『へんな話だわ。これって文化の違い? 日本では置き去りは普通なの?』

『熊がいる山中に子どもを置き去りにするのは、どこの国でも普通じゃありません!』

『文化の違いだと思う。うちの近所のアジア系夫婦(日本じゃないけど近くの国)は子どもが言うことを聞かなかったら家から閉め出して通りに放置するんだから!』

『極東アジアの文化は、私たち西側の文化にとってはエイリアンみたいなものです。そう思えば理解できるのでは?』

『文化の違いじゃない。私は小さいころ、父親に園芸センターに置き去りにされた。イギリス人だよ』

『私も祖母に置き去りにされたことがある。無理やり車から下ろされて、そのまま車は走っていっちゃった。しばらくして戻って来て「ごめんなさいは?」って言われた』

『イギリスでだって、ぐずる子どもをまるっきり無視して放置している母親とかよく見かけるけど』

『わがままを無視して取り合わないのと山の中に捨てていくのじゃ、全然違うでしょ!』

『たった一つの例だけでその国を一般化するのはバカげてる!』

その後「夫が日本人だけど」「日本人の親友がいるけど」「日本に数年住んだことあるけど」という人が続々登場して、「これは“日本の文化”じゃありません!」と声高に主張してくれました(笑)。

■親のもとに戻すべきか、それとも?

そして少年が無事保護された後、それを喜ぶ別のトピックが立てられました。こちらでは主に少年はその後どうなるのかが話題に。

『ただただ残忍で無意味な罰だったわね。この子が親のもとに戻るのはどうかと思う』

『えっ、親のもとに戻るの!? 福祉施設に入れるべきだと思う』

『かわいがってくれる親戚の養子になるか、里親を探すべきね』

しかし反対に、親を擁護する声も意外に多いようです。

『あの父親が報道陣の前に自ら現れて頭を下げたのを見た? 自分の身を守るために弁護士とかスポークスマンを雇ったりしてない。これが「日本の文化」です』

『私はこの親に同情する。彼らはバカな間違いをしたために地獄を味わったと思う。彼らを息子から引き離して投獄しても、誰も幸せにならないわ』

『親の資格があるかないかよりも、事実あの人たちは少年の実の親なのよ。親を有罪にして家庭を崩壊させるよりも、家族一緒に再出発する方がいいと思う』

『日常的な虐待がないと確認されたら、この浅はかな一度の間違いだけで有罪にすべきじゃないと思う。少年には親が必要。両親はこの一件で多くを学んだはず』

と、最後は少年とその家族の今後の幸せを願うコメントが優勢になったようでした。

テレビなどの大手メディアで有識者や名のあるコメンテーターの意見を聞くのもいいですが、こんなふうに世界中の「普通のママたち」が何を考えているのか、どんな意見を持っているのかを知るのも、また勉強になりますね。

さて、少年は父親と対面して「お父さんは優しいから許すよ」と言ったそうですが、この発言に対する海外ママたちの反応も、ぜひとも知りたいところですね……。

文:キッズバレイ はらじゅんこ

参照:
Mumsnet, “I’m really hoping for that lost little boy in Japan to be found safe

Mumsnet, “Missing Japanese boy has been found alive”.