campaign

覚えておきたい「ひとんち」に上がるときの訪問マナー

Fotolia_55644783_Subscription_Monthly_M.jpg

お友達やママ友、会社の仲間に習い事の先生……そうした方々の御宅に招かれたとき。あなたは正しいマナーで訪問出来ていますか?
意外と難しいのがこの「訪問マナー」。正しく出来ていると思う人はおさらいがてらに、ヤバいかも……と思った人は反省とともに、訪問時のマナーについて勉強してみましょう。

ルール1

訪問する際は、必ず約束をし、何月何日の何時に行くか確認しましょう。訪問する日時は、朝・11時30分~13時頃までのランチ時間・17時以降の夕飯時間帯は避けるようにします。必然的に、OKなのは10~11時、または13時~16時頃となります。ただし、相手が「ランチを食べていって」「夕飯もご一緒に」と誘ってくれた場合は別。食事の招待を受けた場合は、ワインやビールなどの飲み物か、食後のデザートを持参するようにしましょう。
ちなみに、訪問先の近くで手土産を買うのはタブーなので気を付けて。

ルール2

訪問時は、自分の都合ではなく、相手の都合を考えることが大切です。
待ち合わせの時間が13時であれば、5分ほど遅れて到着するようにしましょう。どうしても待ち合わせの時間前についてしまいそうであれば、電話での連絡を入れ、「早く着きすぎてしまったので、早めですが伺ってもいいですか?」と確認するようにしましょう。いきなり家まで行って「早く着いたから来ちゃったー、てへ♪」なんて軽~いノリで流してしまうのはタブーです。

ルール3

これからの季節、サンダルやスリッポンなど、裸足でそのまま靴を履いてしまうことも多いでしょう。しかし、他人の家に、汚れているかもしれない裸足で家に上がるのはマナー違反です。お招きされた場合は、靴下やストッキングを着用することを心掛けましょう。どうしてもサンダルを履きたい場合は必ず靴下を持参しましょう。

ルール4

玄関先で靴を脱ぐときは、訪問相手にお尻を見せることのないよう、必ず正面を向いたままで靴を脱ぎます。それから横を向きながら膝をつき、靴を揃え、玄関の隅のほうに置く位置を変えましょう。スリッパが用意されているときは、靴を脱いだ足でそのままスリッパを履くのはNG。靴を揃え、相手に向き直ってからスリッパを履くようにしてください。
部屋に上がったら、断りなくうろうろしたり部屋をのぞき込んだりしないように。お茶を入れるときなどは、できるだけ自分から手伝いを申し出るようにしましょう。

ルール5

おいとまする際は、部屋できちんと挨拶を交わしてから玄関へ向かいます。借りていたスリッパを脱いだら、来たときと同様に膝をついてかがみ、スリッパの向きを揃えて玄関の隅へまとめます。そのまま自分が脱いだ靴を玄関の中央に起き直してから、靴を履くようにします。玄関前でお礼を述べ、門を出たら一礼をして立ち去ります。

上記の5つはマナーの中でも定番中の定番なので、できるだけ守るようにしてください。友人同士フランクで堅苦しくない付き合いを望む人もいるので、あとは相手に合わせて柔軟に対応しましょう。

転載元:覚えておきたい「ひとんち」に上がるときの訪問マナー(by マムメモ)

関連リンク

ドライフラワーで素敵なお部屋作り、始めませんか?
同居の前に覚えておきたい!!起りやすい同居トラブルワースト5
大人から始める性格改善で、ママ友作りを!