husband

パパだって頑張ってる!「父の日」間近の意識調査。

もうすぐ父の日。そう言われれば思い出すものの、具体的な日にちを答えられる人は少ないかもしれません。毎年のことですが、母の日に比べるとやっぱりなんとな~く影が薄いような…。毎日頑張っているのになぜか報われない、パパ(苦笑)。ママの奮闘ぶりのように直接子どもの目にはふれないかもしれませんが、それでも日々頑張っている(はず!)のです。

先日「ワコール」のメンズアンダーウェアブランド「BROS」が、「父の日に関するアンケート調査結果」を発表しました。その回答からは、意外な(失礼!)パパの存在感が浮かんでくることになりました。

0426_cut.017

■ママはもらえるプレゼント、なのにパパは…

30~50代のお父さん500名を対象に取った、アンケート結果です。まず尋ねたのが、母の日にママが子どもから毎年プレゼントをもらっているかどうか。そして父の日にパパがプレゼントをもらっているかどうか、です。
グラフ5

グラフ6
「毎年」「たまに」を合わせるともらっているママが61.4%なのに対し、パパは48.6%。半分にも達していません。メジャーな母の日に比べると、やはり父の日はちょっと影が薄いことがわかりますよね。

では、今年の父の日がいつなのか、答えられる人は?

グラフ7

ここでもやっぱり!な結果です。「母の日は5月で、父の日はその翌月」くらいの認識の人が多いのでは? ちなみに父の日は毎年6月の第3日曜日。2016年は6月19日なので、お忘れなく。

■父親の存在感は、自分で思う以上。パパは背中で語ってる

なんだかせつないアンケート結果…。とはいえパパ自身が思うほど、パパの存在は軽視されていないようですよ。次からの結果をよ~く見てください。

グラフ1

グラフ3
自分自身では「子どもに尊敬されていない」と思っているパパが半数以上いましたが、「父親を尊敬している」と答えた人は「すごく」「少し」を合わせて74.8%も!ではどんなパパが理想だと思っているのでしょうか? 結果は次のとおりです。

グラフ4

多かったのは当然ながら「性格の良さ」でしたが、お金やルックスを抑えて2位になったのが「良い働きぶり」。やっぱり働くパパはカッコ良い!ということですよね。さらに自分のお父さんが仕事を頑張っているかどうかを尋ねたところ、圧倒的に「YES」が多かった!

グラフ2

普段は照れくさくてなかなか言えないけれど…という父親への感謝の言葉を、フリー回答からいくつか選んでみましょう。

子どもの頃はわからなかったけど自分が働き出したり、子どもができたときに気づきました。父親がいろんなことを不自由なく、やらせてくれていたということを

やはり、父親は偉大で、尊敬する存在だと、大人になればなるほど思わされます

遅くまで残業して仕事をして家族のために頑張っていた

子どもの頃はわからなかったが、命を懸けて子育てをしてくれていたのだなぁと思う

子どもの頃は気づかなかった、父親の偉大さ。自分が大人になったとき、あらためて気づくという人が多いんですね。今は子どもに伝わっていない(かも?)しれないパパの頑張りですが、いつか報われるときがきっとくるはず。ママもたまにはそんな「パパとしてのダンナさん」に、感謝を伝えてみてはいかがですか? 父の日は、その絶好のチャンスといえそうですよ。

「ワコール」の動画サイトには、なかなか報われないパパと息子の交流を描いた「お父さん応援動画」も公開されているので、ぜひそちらもチェックしてみて。ひとりでこっそりと観て、思わず泣いちゃうパパもいるかもしれませんよ。

0426_cut.019

【「忙しいパパへ」少年が父の日にこめた、ひみつのメッセージ

「父の日に調査」概要

調査対象:30~50代の社会人500名

調査対象エリア:全国

調査時期:2016年5月12~5月13日

調査方法:インターネット調査