child

友だち同士での送迎や託児を助け合いっこ!AsMama「子育てシェア」

takuji02.jpg

「子育てシェア」ってご存知ですか?昔ながらの”ご近所頼り合い”がWEBで簡単にできるんです。同じ園や学校に通うママ・パパ友など近所に住む友人同士で、子どもの送迎や託児を頼り合う時に使える便利なサービスをご紹介します。

子育ては頼っていい!

「今日は会議が入ってしまったので、保育園のお迎えに行ってほしい」「学童に行って習い事先まで連れて行ってくれたら!」など送迎を誰かが代わってくれたら、また病院やヘアサロンなどへ行く時、ちょっとの時間でいいから子どもを預かってほしいと思うことってないでしょうか?

「子育てシェア」は、WEBで条件や日時、場所を入力してお願いすると、都合のつく「シェア友」や「ママサポーター」が立候補してくれるというものです。登録料や手数料は一切なく、預かってくれた人に1時間500〜700円の謝礼を払う仕組み。支払いは、支援終了後、直接現金で手渡ししてもカード支払いでもOK。手数料等はかかりません。

負担の少ない価格で謝礼を設定し、知り合い同士で気軽に利用しやすいようになっています。

sougei01.jpg

近くに頼れるママ友がいない場合は…

近所に頼れる友人や知り合いがいない場合は、AsMama認定・地域子育てのお世話役「ママサポーター」に連絡を取ってみましょう。「子育てシェア」に登録すると、近くに住んでいる「ママサポーター」のリストが表示されます。また、地域交流会やイベントなども開催されているので、「子育てシェア」をお互いにし合うための「シェア友」と知り合う機会もありますよ。

震災が起きた時など、いざという時に、近くに頼れる人を少しでも作っておくと安心です。これを機会に子育ての「シェア友」を探してみるのもおすすめです。その場合は、事前に「面談」をして、お互いに、よく知り合っておくようにしましょう。

友だち同士のお預かりでも保険がつく!

「子育てシェア」を利用して、送迎・託児をすると、その間に万が一、食中毒、事故などでケガをした時、何かを壊してしまった場合などに、保険が適用されるのが大きなメリットです(対象年齢は1歳以上)。6親等内の血族、3親等内の姻族でも世帯が別であれば、「子育てシェア」に登録して「子育てシェア」経由で送迎や託児を頼めば、保険が適用されるので、安心ですよ。

登録は無料。実名ですが、公開範囲を選べるので安心。

当日でも都合があえば、送迎も託児もOK。お願いし合うには、まずは「シェア友」になりましょう。携帯電話の下4桁を伝え合って承認するだけで簡単です。いざという時の心強い味方になりますよ!

【参考】
子育てシェア

転載元:友だち同士での送迎や託児を助け合いっこ!AsMama「子育てシェア」(by マムメモ)

関連リンク

お留守番の子供を守る!ママがやるべき防犯対策
1歳の誕生日を盛大に祝おう!一升餅セットで心もお腹も満腹に!!
子どもの靴選びはプロにお任せ!「アスビーキッズ」でお気に入りの一足を見つけよう。