life

赤ちゃんはなぜ人見知りになるの?ママを助ける対策方法8つ

記事提供:ママプラ(MAMAPLA)

赤ちゃんはなぜ人見知りになるの?ママを助ける対策方法8つ

赤ちゃんに人見知りはないと言われていますが、どうなのでしょうか。数回あったことがある親戚なのに見ただけで大泣き。こういった人見知りの始まりは、実は赤ちゃんの頃からあると言われています。
どうして赤ちゃんは人見知りをするのか?その原因やなくなる時期、対処法などポイントを8つご紹介します。

赤ちゃんに人見知りはあるの?いつから始まるの?

赤ちゃんの人見知りは、個人差はありますが1歳までに始まる子が多いと言われています。具体的にいうと、生後6ヶ月から1歳になる頃までに人見知りの兆候が現れ始めます。

ハイハイをしたりママの言葉を真似したり。赤ちゃんにとって1才になるまでの期間というのは、家族と自分だけがいる世界です。ママは毎日一緒に居てくれるからこそ、特別な存在なのだと理解しています。

それなのに知らない人が現れて「誰だ?」となった時に人見知りが発症します。いつまで続いて、どういったタイミングで起こるのかも個人差によって異なります。

赤ちゃんが人見知りをする理由と原因!タイミングは?

赤ちゃんはなぜ人見知りになるの?ママを助ける対策方法8つ

赤ちゃんが人見知りをするということは、「心が成長している」ということです。ストレスや不安、疑問、不満などを感じているから、ママやパパ以外の知らない人を見て泣いてしまったり、目を合わせられなかったり。

以前行われていた研究では、ママが特別だとわかっている中で、人見知りの赤ちゃんは怖いけど近づきたいと心の中で葛藤している、ということが分かったようです。近づきたいというのは好奇心ですが、やはり不安な心、ママがいいと思う欲求などもあり、心が葛藤している中頭がついていけていない状態だとも言われています。

人見知りをするタイミングは、「相手が自分に興味を示した時」だとも言われています。大人が話をする場面で赤ちゃんがいると、話の話題が赤ちゃんへ行ってしまいがちですが、急に注目されることで人見知りが起こるとも言われています。

人見知りを対処できるのはパパとママだけ?

もし赤ちゃんが人見知りをしていたら、しがみついているのはパパかママでしょう。パパとママのそばを離れない、その人が抱っこしてあげようと手を伸ばしても赤ちゃんは手を出さないということが多いので、対処できるのはパパとママだけです。

人見知りが激しい子を無理やりパパママから引き離すと、精神的に強いストレスを受けてしまう可能性があります。そこでまずは、他の家族が協力をしたり、上にお姉ちゃんやお兄ちゃんがいる場合は手をつないで寄り添ってもらいましょう。

あまりにも人見知りが激しすぎると感じたら、お医者さんに相談をする方法もあります。あまりパパとママだけで背負いこまないで、周囲の方とも相談をして対策をしましょう。

赤ちゃんを人見知りさせない対策方法①赤ちゃんと人との距離を置く

赤ちゃんはなぜ人見知りになるの?ママを助ける対策方法8つ

大人が集まっている場所や知らない場所、知らない人がたくさんいる場所など、誰でも最初は緊張してしまうものです。その中で大人ばかりいたら、話題が赤ちゃんのことへと集中しがちです。

出来るだけ人見知りが強い赤ちゃんへは、距離を保つことが大切です。「無視する」までいかなくても良いですから、ママとその人が仲良しなんだと、知らない人ではないのだと赤ちゃんに伝わるように、自然な会話をしましょう。

ママが楽しそうな雰囲気で話をしていたら、赤ちゃんも自然と人見知りが治っていくと言われています。まずはママがリラックスすることが大切です。

赤ちゃんを人見知りさせない対策方法②ゆっくり距離を縮める

赤ちゃんはなぜ人見知りになるの?ママを助ける対策方法8つ

いきなり知らない人に抱っこされそうになったら、大人の私たちでもびっくりしてしまいますよね。赤ちゃんだって同じです。抱っこしてあげようなんて言われても、ママの抱っこの方が良いに決まっています。

慣れていない人や他人、赤ちゃんが知らない人などとは、ゆっくり距離を縮めていくことが大切です。急に話しかけたり、抱っこをしようとしてはいけませんし、相手にもそれを伝えましょう。

絶対にしてはいけないことは、ママが「この子人見知りだから」と伝えてしまうことです。「知らない人は苦手だけど、徐々に慣れていくから」とやわらかく伝えると、相手も赤ちゃんとの距離をゆっくり縮めやすいですよね。

赤ちゃんを人見知りさせない対策方法③赤ちゃんは赤ちゃん同士で

赤ちゃんはなぜ人見知りになるの?ママを助ける対策方法8つ

赤ちゃんは赤ちゃん同士が良いと言われています。人見知りが強くても、赤ちゃん同士ならわかりあえるのではないでしょうか。

保育園に通うようになったら人見知りがなおったという子も多いので、まだ保育園へ通っていない子は、育児センターや体験保育などへ通って、同じ月齢の子と一緒に遊ばせてみてはいかがでしょうか。

もちろん、人見知りと同時に、同じ月齢の子どもたちと仲良くできるわけではなく、おもちゃの取り合いをしたり、叩いてしまったりということもあるでしょう。ですがそういった悪いことと良いことを教えていくのも親の務めです。同じ月齢の子と遊ばせてみないと、赤ちゃんが学べないことはたくさんあります。

もし人見知りをしてしまったら…対処法①気にしない

もし赤ちゃんが人見知りオーラを出し始めたら、まずはママが「気にしない」ことが大切。赤ちゃんが人見知りをしていることなど、考えないようにして下さい。

ママが過敏に反応するから余計に人見知りをするのかもしれません。ママが何を思っているのか、何を考えているのかなど赤ちゃんにはすぐに伝わるので、赤ちゃんが知らない人を見て泣いたからといって慌てないように。相手には「ごめんね~」と伝えて、すぐに違う会話をスタートさせます。

赤ちゃんはママの様子と相手の様子を見ているうちに、どうして自分が泣いていたのかもわからなくなります。赤ちゃんは周りの人とどうコミュニケーションをとれば良いのかわかっていない状態なので、周囲が過剰反応してはいけません。

もし人見知りをしてしまったら…対処法②場所を移動してみる

もしかしたら人見知りではなく、知らない場所に着て「場所見知り」をしているのかもしれません。知らない場所はどうしても緊張しますし、慣れるまでは時間がかかります。

そんな時は落ち着かせることが第一なので、場所を移動して、抱っこをしながら歩いてみてください。友人の自宅に行って泣いてしまったのなら一度外へ出てみて、デパートなどで泣いてしまったのならできるだけ天井が広くて明るい場所を目指して歩いてみましょう。

「知らないところだったね。でも大丈夫だよ」と抱っこをして歩く間は、赤ちゃんに声をかけ続けましょう。きっと伝わります。

もし人見知りをしてしまったら…対処法③背中を強めにトントン

赤ちゃん自身、どうして泣いているのか、何が嫌なのかわからない状態かもしれません。そんな時は落ち着かせるためにも、場所は変えずに座った状態でママの方へ向いて座らせて、背中を強めにトントンする方法が一番です。

歌を歌ったり赤ちゃんに声かけができない場合でも、心臓の近くに頭を寄せてあげてとんとんとテンポよく叩くと、赤ちゃんは落ち着いていきます。

その間に、耳はずっと聞こえていますから、もしかしたらママと誰かの話を聞き続けているかもしれません。友人や人見知りをした相手とずっと会話をして、相手と親しいところを赤ちゃんに見せるのも効果的です!

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんの人見知り対策方法を8つ紹介しました。人見知りは成長の証です。赤ちゃんと一緒に乗り越えましょう。

関連記事

元保育士が教える!子供を保育園にあずける上で大切な親の心得5つ
【むっちゃんねる】第2話:恐怖の!?「呼び出し」
【ユキミ】第2話:家族のねんね状況

コラム出典:赤ちゃんはなぜ人見知りになるの?ママを助ける対策方法8つ
(by ママプラ(MAMAPLA))