life

水道水は口にしない!?アンケート調査でわかった都内在住ママの特徴とは

みなさん、突然ですがお米を研ぐ時・炊くときに「水道水」を使っていますか?中にはご家庭用にウォーターサーバーを常備していたり、日頃からミネラルウォーターを飲むなど、「水」に関して意識している方も多いことでしょう。

■水道水に対する意識には、「地域」が関係する?

米とぎ
ママスタ独自アンケートの結果、「東京在住のママ」と「それ以外の地域に在住のママ」とでは、水に対する意識に違いがあることが見えてきました。まずは、こちらのグラフをご覧ください。

■お米を「炊く」際、東京在住ママの2割が「ミネラルウォーター」を使う

東京在住のママ

スクリーンショット 2016-05-31 19.11.12

地方在住のママ

スクリーンショット 2016-05-31 19.07.17

調査の結果、都内在住の5人に1人のママがご飯を「炊く」際ミネラルウォーターを使用していることが判明しました。(地方在住者は約2パーセント)また「水道水をそのまま使用する」ママが地方在住者に比べ、都内在住ママは35.5パーセントと比較的低い割合になっているのも特徴的です。

ではお米を「研ぐ際」は何を使用しているのでしょうか?調査結果はこちらです。

■お米を研ぐ際は「水道水」派が多い

東京在住のママ

スクリーンショット 2016-05-31 19.08.46

地方在住のママ

スクリーンショット 2016-05-31 19.05.45

やはり地方在住者に比べ、都内在住者の割合は少ないものの「水道水」派はいずれも半数を超えています。都内在住ママの中には炊く際に「ミネラルウォーター」を使用し、研ぐ際は「水道水」もしくは「浄水器に通した水」を使う方も多数。地方在住者は「研ぐ際」「炊く際」にさほど変化がないことから、都内在住者は「お米を<研ぐ際>と<炊く際>で水を使い分けている」と考えられます。

では、特に安全・衛生面を気にするであろう「赤ちゃんのミルク」はどうでしょうか?こちらも都内在住者と他では明らかな違いがありました。

■<赤ちゃん用ミルク>地方在住者が約4割「水道水」派なのに対し・・・

東京在住のママ

スクリーンショット 2016-05-31 19.08.03

地方在住のママ

スクリーンショット 2016-05-31 19.07.40

東京在住ママのミルク使用者のうち「市販のミネラルウォーター・ウォーターサーバーの水を使う」方を合計すると約半数に相当することが判明しました。

地方在住者の「水道水を使う」が約4割なのに比べると、都内在住者はやはり水に対しこだわりを持っている様子が推察できます。

ご飯を炊く際や赤ちゃん用のミルクで「なぜ水道水を使用しないのか」使用しない都内在住者にアンケートを取ったところ、以下のような回答が寄せられました。

『水道水が美味しいと思えないから。』

『水道水は水が安全だとしても水道管を通れば汚い』

特に「水の品質」について都内在住者の方が関心を持つ人の割合が高いといえそうです。

■ちなみに『水道水の品質』には地方差があるのでしょうか?

image

また『水道水』について、都内と地方の複数の水道局に問い合わせてみた結果もご報告いたします。

Q1.水道水は、地域によって味の違いがあるの?

『全国の水道水は、定められた水質基準に達しているものが供給されていますが、汲んでいる河川や湖沼、その河川の上流か下流かでも水質に違いがあります。
また、その土地ごとの地盤に含まれる硬度やカルシウム量などにも違いがあり(ミネラルウォーターでいうと軟水か硬水かなど)、浄水処理後の水道水の味にも、水源や地盤の違いによって微妙な違いがでることはあると思います。』

味覚は人によって感じ方が違いますので、『おいしい水』というのは一概には決められませんが、水源などの違いによって味も変わる可能性があるということですね。

また、気になる「水質」についても確認してみました。

Q2.ということは、地域によって放射性物質やトリハロメタンの量も違ってくるということでしょうか?

『各物質の数値には、水源や各浄水場の処理方法などからでる地域差はあると思います。
しかし、定められた基準に達するよう水質管理を徹底して行うことで、安全でおいしい水を供給できるように心がけております。』

「水質」は水源に含まれる物質の数値によって地域差はあるようでした。水質や味に関して、東京都では以下のような努力もしているようです。

『東京都では、「おいしさに関する水質目標」というものを独自に設定し、※『高度浄水処理』によって、より安全でおいしい水をお届けできるように努めております。
東京都内におきましても、水源や季節・雨量などによって、各浄水場に入ってくる水の性質に違いはありますが、浄水場で処理された後の水は、できるだけ東京全域の味を統一して供給するよう心がけております。』

※高度浄水処理とは…

東京都の利根川が水源とされる区域や(その他の区は原水が良好などの理由)、一部の関東地域、淀川を水源とする大阪などの代表都市の水道局に設備された高度な浄水処理機能のこと

以上の回答から、各地域で、水源などの違いから味にも多少の違いがでてしまうことがあっても、各浄水場ごとに水質管理を徹底して行い『安全でおいしい水』を供給する努力をしていることがわかりました。

(「うちの地域は、高度浄水処理機能がない地域だけど大丈夫?」と心配になられた方もいるかもしれませんが、お住いの水源の水質が良好なら高度浄水処理されているものと変わらないか、それ以上の良質な水が供給されている場合もあるようです。)

image

今回調査からわかった「水」に対する地方差、みなさんはどうお考えですか?

またあなたの地域の水道水は信用していますか?ぜひ感想を聞かせてください。

ライター:赤石 みお

【アンケート調査概要】

対象:170サンプル(※都内在住者は31サンプル)
調査時期:2016年05月19日~2016年05月27日
対象地域:全国
調査方法:インターネットを利用したアンケート調査