birth

アラフォーだと難しい?ママの就職&転職事情

アラフォーの就職はやっぱり大変……

20代・新卒でも就職が難しいといわれる昨今。アラフォーともなれば、さらに厳しくなるのは当然です。それに加えてママには、子どものことなど、いろいろな制約があります。そんなアラフォーの就職・転職事情についてお話しします。

企業が求める人材とのギャップ

採用ホームページやハローワークなどに求人情報を載せている企業はたくさんあります。これだけ見ると、どこも人手不足で簡単に就職できそうに思えてしまいます。しかし、企業も「こういう人材が欲しい」と考えて求人情報を出すもの。企業が求める人材と応募者に”ギャップ”があれば、落とされてしまうことがほとんどです。では、どんなギャップが考えられるのでしょうか。

年齢

現在は、法律で「募集・採用における年齢制限の禁止」がされています。しかし、実際は業務上体力のいる仕事であったり、常に新しい情報を取り入れなければいけなかったりで、若い世代を採用したいという企業の思惑がみられることが多々あります。
アラフォーのママにとっては、ちょっと厳しい話です。けれど、諦める必要はありません。企業が人を採用する時には、年齢だけではなく、その人がもつスキルやキャリア、人間性など、プラスαも加味して可否を判断します。アラフォーだからと諦めてしまうのはもったいないですよ。

どれだけ働けるか

一昔前に栄養ドリンクのCMとともに「24時間働けますか」というフレーズがはやりましたが、まさに企業としては、「どれだけ働いてくれるか」は重要なポイントのひとつ。ブラック企業のようなところは別として、「残業は一切できません!」では通用しません。子ども、特に幼い子をもつママにとって、これは高いハードルです。

応募する前に考えておきたいこと

会社の求人に応募する前に、次のことをあらためて考えてみてください。考えをまとめることで余計な不安がなくなり、落ち着いて面接に挑むことができます。さらに、働く条件を明確にしておくことで、企業にとっても採用後のイメージがもちやすいという利点があります。

【金銭面】

  • 生活にどれだけのお金が必要か(将来に向けての貯蓄額も)
  • 現在、お金がどれだけあるのか

【働く環境の面】

  • 子どもが病気をした時などに預かってくれるところがあるか
  • 残業が可能な時間(「週に○日、○時までは残業可能です」など具体的に)

就職・転職先を選ぶ基準

基準はあってないようなもの

就職先・転職先を選ぶ基準は、「女性が多いところ」、「残業や休日出勤がないところ」などが挙げられることがありますが、実はあってないようなもの。女性が多い企業でも、みんなが同じような境遇・条件で働いているわけではありません。休みがとりやすい会社であっても、子どもの行事が重なって思うように休みがとれない、なんてことも。
前の項目でお伝えしたように、まずは自分の状況や、働くための環境を明確にし、そのうえでできる最良の仕事を選ぶのがよいのではないかと思います。

無理に正社員を目指す必要はない

ママだって一家の大黒柱。収入も待遇もよい正社員として採用されることが、もちろん理想的です。しかし、現状に合わない仕事だったりすると、結局は辞めてしまうことにつながる可能性も。これはママ、会社の両方にとって不幸なことです。派遣・パートから始めてもいいので、長く続けられるような会社を探すのがいいと思います。

ママの就活のコツ

いざという時の子どもの預け先を確保する

いくらママが大変だからといって、何かあるたびに毎回、会社を休んでいいわけはありません。働くにあたっては、いざという時のサポート体制を用意しておくことが必要です。これは企業に対しても、十分なアピールポイントになります。
現在は、自治体によって以下のようなママ向けの施設もあります。子どもが病気になった時などに活用してみてはいかがでしょうか。

  • (財)全国母子寡婦福祉団体協議会
  • マザーズハローワーク
  • 病児保育医療施設

応募書類や面接は用意周到に

ママに限ったことではありませんが、面接で落ちてしまうのは、準備が足りないことが大きな原因です。応募する企業・仕事については最低限、調べておきましょう。また、面接では、子どもの預け先や休日出勤、残業が可能かなどを必ず質問されます。それに対する回答をあらかじめ用意して、面接前に練習しておきましょう。

ママだからこそのアピールポイント

「いろいろと準備はしたけど、やはり若い子にはかなわないのでは……」と不安になっているママの方もいるかもしれません。ですが、若い人にはない、ママだからこそのアピールポイントが私たちにはあるんです!

アラフォーだからこそできることをアピール!

独身の女性は、これから結婚・出産などで会社を離れてしまうことも大いに考えられます。また、嫌なことがあると、すぐに辞めてしまうこともあるかもしれません。けれど、アラフォーママはしっかりとした働く目的があり、やる気も十分にあります。その部分をしっかりと面接官にアピールしましょう。

人生経験が豊かなママだからできること

いろんなことを決断したり、乗り越えたりしてきたママだからこそ、コミュニケーションの大切さは身に染みて感じているはず。企業が求める人材には、そのようなコミュニケーションスキルを持った人物が当てはまります。経歴や資格に乏しくても、これはとても大きな武器になりますよ。

まとめ

独身でも、アラフォー女性にとっては厳しい就職状況ですから、ママにとってはなおさらです。けれど、できないことを挙げて嘆くよりも、できることを探してベストを尽くす方が、いい仕事が見つかるのではないでしょうか。アラフォーだから、ママだからと諦めないでがんばりましょう!

【関連記事】
専業主婦からシングルマザーに!仕事はどうすればいいの?
仕事を休まないといけない!こんなときシンママはどうすればいいの?
理解のある職場で働くために!シンママが面接で聞いておきたいこと

オリジナル記事
アラフォーだと難しい?シングルマザーの就職&転職事情