child

麺だけじゃもったいない!実はいろいろ使えるヌードルカッター

pixta_17085185_M
離乳食期や幼児食期の子どもは、親が食べているものに興味津々。外出先でだって興味は尽きません。やさしい味のうどんやパスタの場合は、小さく切ることさえできれば、子どもにも少し分けてあげられるのに…。

そこで便利なのがヌードルカッターです。

■ヌードルカッターとは

ヌードルカッターとは、離乳食期の子ども向けに麺類を短く切り、食べやすくする便利グッズです。うどんやパスタのカットによく使われ、100円ショップでも販売中。

筆者が実際に使っていたものはこれです。

コンビ ベビーレーベル ヌードルカッター & スプーン

いろいろなタイプがありますが、糸切りばさみのようなタイプが食品をはさみやすく使いやすかったです。スプーンもセットなので持ち運びしやすく便利でした。

他にも、

こんな小さいハサミや・・・


安全性を考慮した、こんな形のハサミもあります。形はいろいろですが、麺を切るだけではない便利なポイントがあるんですよ。

■便利ポイント1:麺だけでなく、他の食材も切れる

ハサミ状のヌードルカッターは、ハサむことさえできれば麺以外も切ることができます。野菜はゆでてあればにんじんやじゃがいもなど、きゅうりやキャベツなどは生のままでも大丈夫。ハンバーグやソーセージといった肉類、食パンにも使えました。硬いものでなければ、ほとんどの食品を切ることができます。

■便利ポイント2:持ち歩きしやすい

飲食店では子ども用の食器は用意してくれていても、なかなかヌードルカッターまで用意はしてくれていません。箸やフォークでせっせと食べやすい大きさに麺を切ったママたちも多いはず。ヌードルカッターは手のひらサイズの大きさで軽いので、お出かけバッグに入れて手軽に持ち運ぶことができます。それほど値段は張らないので、外食の多いママなら自宅用と外出用と2つあっても便利ですよ。

■便利ポイント3:お手伝いグッズに使える

離乳食期を過ぎたら、子どものお手伝いグッズとしても使えます。カッターと名は付いていますが、金属は使われていません。野菜を切ることができるので、筆者はサラダを作るときにキュウリを切ってもらう子どものお手伝いに使っています。包丁よりも簡単に使うことができてオススメです。画像のような形状だと、料理をしている感じがより増しますね。

■おわりに

離乳食期だけでなく幼児期でも、小さく切る方が子どもは食べやすくなります。ヌードルカッターはベビーグッズの中では比較的長期間使うことができるグッズ。お出かけにもおすすめなので、ぜひ使ってみてくださいね。外食時は、テーブルや足元の食べこぼしへの対処も忘れずに。

ライター後藤