child

実際使えた!子どものハミガキにオススメのグッズ

pixta_6006779_M

赤ちゃんや小さい子どものハミガキは、苦労しますよね…。歯ブラシを嫌がって泣いたり、仕上げ磨きで暴れたり。親はときどき、子どもの歯を隅々まで観察できていなかったり、子どもの病気のときは歯のケアまで手が回らなかったりすることもあります。

そんな不安を全部解消!…というわけにはいきませんが、そんな心配に応えたグッズや食品が、今は数多く出回っています。実際に筆者が使ったハミガキグッズを、月齢順にご紹介します。

■ピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ42包入り

ハミガキをはじめる前、乳歯が出始めた頃から使いました。1枚ずつ包装されているので、清潔で持ち歩きにも便利です。使い方は生えてきた歯をキュッキュッとナップで拭くだけ。子どもが寝ていても使うことができます。

■ピジョン 乳歯ブラシレッスン1

6ヶ月頃、一番最初に使った歯ブラシです。安全プレートが付いており、歯ブラシが口の奥まで入らないようになっているので、子どもに持たせていても安心でした。ガシガシとかじっているだけですが、口の中に歯ブラシを入れる行為に慣れたようでした。

■チュチュベビー L8020菌入 そのまま、パクっとおくちの乳酸菌習慣顆粒タイプ

7ヶ月頃から使える虫歯対策の乳酸菌加工食品。粉末状なので、そのまま食べる以外にも、水に溶かしたりヨーグルトや離乳食にかけて食べたりすることができます。味はイチゴ風味、ブドウ風味の2種類。ほんのりと甘い味なので子どもが気に入って食べていました。

■チュチュベビー おくちの乳酸菌習慣タブレット

1歳半頃以降で、奥歯が生えているのなら、こちらのタブレットタイプも。おやつ感覚で食べています(うちの子はラムネだと思っていますが…)。味はヨーグルト風味、レモン風味の2種類。1日3粒が目安なので食べ過ぎには注意が必要です。

■歯科での定期的な検診も忘れずに

家庭でハミガキをしっかりすることは大切ですが、歯科での定期検診も受けましょう。通常のハミガキでは取れない汚れを落としフッ素を塗ってもらいます。毎日のハミガキは大変ですが、子どもの歯の管理も重要な育児です。

そうそう、忘れがちですが、ママもパパも歯科検診を受けてくださいね。

ライター後藤