life

【実録】税金の支払い、ちょっと待って!現金より○○で得する方法

Girl under tax

今年も憂鬱な季節がやってきました。

そう! 税金の納付時期です。自家用車を持っているご家庭なら「自動車税・軽自動車税」、自宅が持ち家なら「固定資産税・都市計画税」、我が家にももれなく納税通知書が届きました。国民の三大義務の1つとは言え、まとまった額の税金を支払うのはイタイ出費です……。

でも、1年前からはある方法で支払いがちょっぴり楽しみに変わりました。筆者が実践する『お得なある方法』とは!?

■同じ金額を払うならお得な方法で

税金はなにで支払っていますか? 「自動車税」も「固定資産税」も地方税の一種。税率や納付方法は都道府県や市町村によって異なりますが、支払い窓口は郵便局や銀行、コンビニエンスストアでできる地方がほとんどです。毎回現金で振り込むのか、便利な口座振替にするのか、迷うところですね。ここでおすすめなのがクレジットカード!

「Yahoo!公金払い」で取り扱っている税金ならクレジットカード会社のポイントがたまります。ですが、取り扱い団体が少ないのが難点で、筆者もあきらめて現金で支払っていました。そんな時に知ったのが、セブンイレブンの電子マネーnanacoでの支払い方法です。

■税金を払ったら、ポイントがついた!

ふつうにnanacoを使ってもクレジットカードのポイントはたまりません。筆者が使っているのは「nanacoクレジットチャージ」。事前にチャージ用クレジットカードを登録し、使うたびにクレジットチャージを申し込みます。この方法だけで、去年は6800ポイントを獲得! ただし、すべてのクレジットカードでポイントがつくわけではないのでご注意を。筆者はこの方法のために「楽天JCBカード」を新たに作りました。

nanaco
ちなみに、切手・はがき、ビール券、クオカードなどと同様、公共料金の代理受領は「nanacoポイント」自体は対象外です。nanacoカード発行手数料300円は、イトーヨーカドーのハッピーデー(8がつく日)に申し込んで節約してくださいね。

筆者はクレジットカード払いできなかった「水道代」にもこの方法を利用しています。電気代・携帯代などは、もともとクレジットカード払い、さらにふだんの買い物もほぼクレジットカードです。「塵も積もれば山となる」数百円の食料品でも数年単位で考えれば、家族旅行ができてしまうほどのポイントが! 国民の義務も果たしつつ、家計のためにもなるこの方法、まだ今年の納付に間に合うかも!?

 

文:Kuu