campaign

今すぐ昇進すべき?ママの働き方

ママが仕事につくこと自体が難しい日本の雇用状態。そんな中、昇進の話が出るのは嬉しいものですよね。アルバイトやパートで働いていても、前向きな仕事ぶりや実績が認められれば、昇進してさらに会社に貢献してほしいと考えてもらえるようです。

嬉しい反面、ママにとっては悩ましい「昇進」

ところが、子育てと仕事を1人でこなさなければならない母子家庭という境遇が、嬉しいはずの昇進を迷わせてしまう現実があります。昇進しても子育てと両立できる? 昇進は諦めておくべき? なかなか簡単ではないママの昇進や働き方について、子育てとの両立やタイミングを踏まえてまとめます。

ママが昇進したら、子育てはどうなる?

ママが昇進すると、正直、子育ては今まで以上に両立しづらくなるでしょう。残業が増えたり、出張が多くなったりするだけでなく、何と言っても、任された仕事に対する責任の重さがママの肩にのしかかかります。いくら1人で子育てしていても、責任のある立場になったら、それを言いわけにはできません。子どもを取るか、仕事を取るかという究極とも言える選択をしなくてはならないのですね。

近くに協力してくれる人がいるか

自分の親や兄弟姉妹などが近くに住んでいて、子どもの面倒を見てくれるならば、増える残業や出張にも対応できます。もしいなければ、子どもが小さいうちはお泊まりで保育してくれるような施設やベビーシッターなどの確保が必須になるでしょう。

子どもの性格や年齢も考慮

まだまだ甘えたい時期の幼少期や低学年ならば、ママとのコミュニケーションはとても大切になります。また、大きくなっても寂しがりやの子どもだったら、少しでもママのそばにいたいと思うでしょう。
保育園(学童)や習いごとの送り迎えなど、生活のスケジュールや子どもの性格、置かれている状況によっても、いろいろと考えておくことが必要です。

子どもの成長を「昇進のタイミング」と考えましょう

仕事やお金は大切ですが、昇進することによって子どもとのコミュニケーションが取りづらくなったり、可愛い幼児期をいっしょに過ごす時間が少なくなったりするのは、いかがなものでしょうか? 後悔しないでしょうか? また、子どもの気持ちを考えると、離婚で寂しい思いをしているところに、ママが昇進で仕事にさらに没頭してしまう姿を見るのはつらいかもしれません。

ママの昇進は、タイミングを見て

やはり、昇進や仕事に集中するためには、タイミングを見計らう必要があるでしょう。昇進を断って他の人にそのポジションを譲ってしまうのは悔しいかもしれませんが、その時の振る舞い方やその後の頑張りによっては、必ずまた昇進のチャンスが巡ってきます。

信頼できる上司に、タイミングを告げておく

子育てを優先したいと決めたら、「子どもが中学生になったら」「高校生になったら」など、信頼できる上司に、昇格の話をいただいた時にさりげなく伝えておきましょう。ママと分かっていて昇進を打診してくれる上司ですから、きっとあなたの熱意は伝わるはずですよ。

スキル磨きをしっかりしておく

ですが、断った後、再びの昇進をただ待つばかりではダメです。数年後のチャンスに向けて、しっかりスキルを磨いておきましょう。その時にこそ本領を発揮し、周りに昇進を納得してもらうべく、実力をしっかりつけておきたいですね。

まとめ

ママとして仕事と育児を1人でこなすだけでも大変なのに、昇進することでさらに子どもとの時間が短縮されるのは、本意ではありませんよね。周りの助けを得られずに残念ながら昇進を断ったとしても、ママの実力が本物ならば、子どもの性格や成長のタイミングでまた昇進の機会をもらうことも夢ではありません。
ぜひ、子どもが成長したタイミングで、昇進を勝ち取ってくださいね。

【関連記事】
仕事を休まないといけない!こんなときシンママはどうすればいいの?
短所を生かす仕事選びって?シンママ就活の自己分析のポイント
働くシンママの一日を追う!タイムスケジュール

オリジナル記事
今すぐ昇進すべき?シングルマザーと働き方