campaign

子どもを安心して育てたい!「子どもがまんなか」にいる社会ってどういうこと?

スーパーで子どもが泣いたら?

スーパーの店内で3歳になった娘が思いっきり泣き出しました。理由は簡単で、買ってほしかったお菓子を、私が

「ダメ」

と言ったから。よくあること、よく見かけること、でも親は内心困るものです。泣いたからってこちらが折れることは決してないけれど、どうやったら泣き止むか・・・、と私が思った瞬間、近くにいた白髪の初老の女性が

「ほら、これあげるわよ!」

売り場にあった試食の果物をすかさず娘に差し出してくれました。条件反射のように素早い対応。私たち親子とも意外なことに驚いてしまい、子どもは泣くのをやめていました。

バスの中で子どもが声を出して本を読んだら?

私が子どもたちと一緒にバスに乗っていた時のことです。6歳だった息子が

「宿題の音読をやりたい」

とバスの中で課題の本を取り出して読み始めました。うるさいと言われないかしら、と私は周りが気になったのですが、息子はお構いなしに、

「この単語どう読むの?わからない。ママ教えてよ」

と早くも苦戦しています。私は下の娘の相手もしながらで、うまく答えられないでいました。すると、後ろに座っていた若い大柄な男性が身を乗り出して、一緒に一語ずつ読み始めてくれました。

「おお、なかなかうまいじゃないか」

最後には褒められて、息子はうれしそうでした。

みんなが子どもを大切にすると?

周囲の人たちが子どもを大切にしてくれる、そういうことが当たり前の生活、子どもも成長しました。

行く先々で案内が分からず、戸惑っている私を見た息子が、

「ママ、僕がどこに行けばいいか聞いてきてあげる!」

家族や学校の先生だけでなく、知らない人に対してもきちんと自分の言いたいことを伝えられるようになりました。

娘は相変わらず、思い通りにならないと大声を上げて泣き始めることもありますが、

「どうしたの?かわいそうに」

と周囲の人に声を掛けられて、泣いているどころではなくなってしまいます。みんなが自分の存在を気にかけてくれることがわかり、彼女なりに赤ちゃんみたいな、はずかしいことはしたくないと思うようです。

 

私は、子どもが社会の「まんなか」にいると感じました。

 

これは今私が住んでいるのはオランダでの出来事です。日本のことではありません。でも、日本にいても、どこにいても、子どもが「自分はみんなから大切に思われている」という安心感を伝えたい、そう思うようになりました。

取り残された子どもたちがいます

しかし、実際には、自分のことを伝えられず、周囲の人からも注意を払ってもらえない子どもたちがいます。「子どもの貧困」問題です。

日本では6人に1人の子どもが貧困家庭にいます。日本の子どもの貧困問題を見聞きする機会が増え、そういう事実をご存知の方も多いと思います。

「そんなにたくさんいるって本当?」

と思われる方もいるでしょう。でもそれは、私たちが気付いていないだけかもしれません。

「貧困家庭って親の責任じゃない?」

親が無責任な貧困家庭もあるかもしれません。でも子どもに責任があるのでしょうか、子どもみんなを大切にしたいのです。

「そんなこと言われても自分の子どものことで精一杯だし、どうしたらいいの?」

まずは、関心を持つこと。困っていればいつでも手を差し出してあげる大人が周囲にいるという安心感を与え合えたら、子どもを巡る環境はもっと明るくなると思います。自分以外の子どもたちにも目を向けてあげるのはどうでしょう。

「子どもがまんなか」の社会へ

日本で「子どもがまんなか」の社会を目指す新しい団体が新しいチャレンジをしています。

2015年6月に、子どもの貧困対策センター「あすのば」という団体が設立されました。貧困家庭、ひとり親家庭出身の学生たちが中心となり、子どもたちの声に耳を傾け、支援するしくみを作ろうと活動しています。

子どもたちとの合宿キャンプ、子ども支援のモデル事業、全国各地の支援団体のつながりの構築、貧困実態調査に基づく政策提言など、新しいチャレンジが始まっています。しかし、できたばかりの団体、まだまだ活動資金が足りません。

「子どもがまんなか」の社会へ。このチャレンジを応援していただけませんか。

子どもの貧困対策センター あすのば ご寄付のお願い

みなさんのあたたかいご支援をお願いいたします。